もしかしてトホホ(http://blog.livedoor.jp/takurere1025/)の別館です。表現系に特化して更新します。


by koharu-annex

<   2012年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

世界選手権 男子SP

いろんな意味で波乱万丈なSPでございましたわね。

●ブライアン・ジュベール(27歳)フランス/「Genesis」by Justice、Daft Punk/4位 83.47(44.35、39.12)
うわ~~~~!!!ジュベールだ!ジュベールだ!ジュベールだーーーーーっ!!!!!

出場されることは事前に存じ上げてましたが、実際にTV画面で見ると、興奮してしまいました(笑)。は~。

4回転ほかジャンプの成功は勿論ですが、ちょっと変てこりん・・・もとい、個性的な衣装も、ほへ?と思ってしまう個性的な振付も、何もかも嬉しくて、満面の笑みで見てしまいましたよ。真下に振り下ろした空手チョップみたいな振付は、何か意味するところがあるんだろうか?知りたい(笑)。

従来、彼のことを愛するファンの方々から、「愛すべき筋肉脳」とか「4回転バカなんだけど・・・」というコメントをよく頂いていたのですが、そんな書き込みをして下さった皆様もきっと喜んでいらっしゃるでしょうね。

いや~。久しぶりにスカッとした彼の演技を見ました。羽生君やガチンスキー君など若手も注目される中、ジュベール君の「繊細な芳香」をまといながらも男らしさ漂う肢体が、20代後半のスケーターにしか出せないスケールの大きな魅力と圧倒的な存在感があることを見せつけてくれました。

●アダム・リッポン(22歳)US/「コロブチカ」by Bond/10位 73.55(37.77、35.78)
3‐3が成功したので、波に乗れるか?と思ったのですが、その後ジャンプに立て続けに失敗した後、身体がガクンと重くなったように感じました。

シーズン通して、後半にかけてテンポアップする音楽についていけない場面が多かったのですが、今回もそうでしたね・・・。フィニッシュも音楽と微妙に合わなかったですし。

●パトリック・チャン(20歳)カナダ/テイク・ファイブ/1位 89.41(46.24、43.17)
うーん、これでシーズンベストかあ。まあ、フェンスにぶち当たったり(GPFね)、いろいろあったからなあ~。

多くの選手が4回転にトライする中で目立っていたのですが、チャンさんって、スピン時やジャンプのランディング時のスケーティングがとても綺麗なのですね。擬態語で申し訳ないけど、「ザスッ」みたいなものがないし、氷カス全然飛ばないですし。

私は、テイクファイブにはもう少し洒脱な演技の方がって思うけど、チャンさんの能天気さが前面にでた演技も、それはそれで味があるような気がしてきた(笑)。軽く表面をスリップしていくという感じというか、バーで常に女の子に声かけてるんだけど、いつも軽くいなされて、本人は肩すくめるんだけど全くめげてない感じというか。

●サミュエル・コンテスティ(29歳)イタリア/「ハンガリー行進曲」「泥棒かささぎ」序曲「1812年」/11位 
彼らしい小技が随所に仕込まれた楽しい演目でした。

毎回思うのですが、彼は、このようなちょっと泥臭い演目を選択することによって、姿勢が悪く動作に洗練さが欠けるという短所を、むしろ演目の「役柄」に合致させる方向に転換させることに成功していますよね。

●ミハル・ブレジナ(22歳)チェコ/Best of Kodo/2位 87.67(48.70、38.97)
衣装の前面に描かれている模様、龍と対峙しているのが「コブラ」(?)なのが気になる(笑)。日本だと、伝統的には虎だよ~、と誰か言って差し上げて~。

ファイナル含めGPSには4回出ていましたが、最後に息切れすることが多かったのですよね。が、今回は、息切れを最小限にできていたことが、とても良かった。3つ目のジャンプに4回転を持ってくるという構成(実況と解説がともに「決まったーっ!」と叫んだときには笑ってしまった)も含め、構成を工夫してきたのでしょうね。

気持ちも乗ってきたのでしょう、身体のキレも素晴らしく、イナセな雰囲気が出ていました。近所の祭りに、こんな兄ちゃんがいたら楽しいな~と思っちゃいましたよ。

●高橋大輔(26歳)日本/「In The Garden of Souls」by VAS/3位 85.72(43.43、42.29)
4-3、6分間練習では綺麗に決まっていたので、本当に残念です。あ、そういえば、6分間練習の時のスピン、身体の軸が真上に綺麗に引き上げられていて、バレエレッスンの成果を見た気がしました。

最後のジャンプのトリプルルッツ、とても余裕があって綺麗だと思ったら、GOEで1.3加点もらってました。納得。また、ステップは、たたみかけるように迫ってくる素晴らしい出来で、GOEの加点も非常に高い(1.7)。これも納得。

何かが降りてきた演技ではなかったけれども、精神世界の深みに突入していくようなこの楽曲の世界観を、理屈じゃなく圧倒的なリアリティと説得力をもって体現していく演技は彼にしかできないものでしょうね。

●ジェレミー・アボット(26歳)US/「素敵なあなた」by B.グッドマン、映画「スウィング・キッズ」より/9位 74.85(34.64、41.21) 
演技の前に、役柄に呼応したちょっとおどけたような仕草をしましたよね。アボット君にはあまりない行動だったので、逆にすごく心配になってしまったのでした。

そしたら、案の定で。
落ち込まずに小技を効かせ続ける彼が、少し、辛く見えてしまったのでした。
もう、キスクラの様子は、見てられませんでしたよ・・・。

●アルトゥール・ガチンスキー(18歳)ロシア/Saint Louis Blues/16位 68.50(31.39、37.11)
身体の動きが全く悪い。。。気分だけの問題なのかどうかは不明だけど、本人にとっては苦い結果となってしまいました。FSで弾けてくれると嬉しいのだけど・・・。

●フローラン・アモディオ(21歳)フランス/映画「ティアーズ・オブ・ザ・サン」より/6位 79.96(42.82、38.14)
GPSの時とは演目を変更したのですね。安藤さんに良く似合うと感じる楽曲ですが、アモディオ君には・・・うーん、難しかったかな。

必死で食らいついていっているのは良く分かるんですが、アモディオ君の長所がむしろ封印される結果にしかならなかったかな~という印象です。また、アモディオ君、上半身をよく動かすだけに、下半身が心もとない感じが目立ってしまいますね。この楽曲だとその短所が余計強調されてしまうかな、と。

●羽生結弦(17歳)日本/「12のエチュード」より「悲愴」byスクリャーピン/7位 77.07(38.68、38.39)
あのね、皆様。言ってもいいかなあ。

私、彼を愛しているかもしれない。

あ、もっと正確に言わないといけませんわね。

私、彼の「美しさ」を愛していると思う。うん。多分、これは愛だと思う。

3回転が1回転になっちゃったけれども、終始一貫して、手足の長さを生かした大きな動きや、振り返ると彼の人生の中で「この年代特有の柔軟性」となるであろう身体の「しなり」は、とても魅力的です。ただ、スローなムーブメントの際に、もう一伸びスケートが伸びると、彼の繊細な雄大さがもっと出るんだろうなあ、と思ったりします。

うふふ。「7位で77.07」なんですよね。ラッキー数字の7つながり。ちょっとゲンが良いなと思ったり。

●小塚崇彦(23歳)日本/「Inner Urge」byヘンダーソン/13位 71.78(35.96、37.82)
ええとね、これ、ご本人の性格上、すぐには明らかにしないかもしれないけど、体調悪くないですかね?顔色も唇の色も悪いし。あと、靴も問題があるんじゃないですかね?ランディングの時とか、ご本人の感覚とは靴の滑りとか体重がかかった際の持ち堪え具合とかそういうものが、微妙にズレてる感じがする。

彼、今シーズン、SPもFSも全て2位なんですよね。つまりは、優勝こそ逃しているものの、演技自体は高めで安定しているわけで。そうすると、今回の結果は何か突発的な要因があったと考えるのが論理的だと思うのですが。。。

何にせよ、彼は今シーズンの目標を「表現」に置いていたにも関わらず、最後の試合でジャンプで足元をすくわれるとは・・・人生ままならないなあ。

サミュエルハビエル(←コメントでご指摘受けたので訂正。すんません)・フェルナンデス(20歳)スペイン/「I love Paris」byザ・ウィットネス、「プチ・フルール」by H.レネ/5位 81.87(43.72、38.15)
冒頭、緊張しているように見えましたが、ジャンプを決めて安心しましたかね。

スペインの応援団が、集団で国旗の色(黄色・赤色)で身を固めているのが楽しかったです。サッカーじゃなくても、ちゃんと応援してくれて良かったね。きっとフェルナンデス君も元気をもらえたことでしょう。FSも頑張れ。

●トマシュ・ベルネル(25歳)チェコ/「カルミナ・ブラーナ」byオルフ/14位
カルミナ・ブラーナって、調子が悪いとこの楽曲の強さに押しつぶされるリスクがありますね。ジャンプの失敗はありましたが、ベルネルさんはこの強さに押しつぶされずに頑張ったと思います。

ベテランでも最終滑走は辛いですね。。。
[PR]
by koharu-annex | 2012-03-31 20:19 | 2011-2012 フィギュアスケート
●ヴァレンチィーナ・マルケイ(25歳)イタリア/「Strictly Dancing」より/12位 52.14(27.28、24.86)
マンボの音楽と、振付&ムーブメントの親和性が低いのが残念(特に前半)。この点、振付そのものと本人の動きの両方に問題があるのでしょうが、どちらにより大きな問題があるかは不明。いずれにしても、トップグループの選手になれるかどうかって、こういうところでも差が出る様な気がする。

●アリッサ・シズニー(24歳)US/「バラ色の人生」byピアフ/16位 48.31(23.26、27.05)
うわ~・・・・ジャンプが全て決まらない。。。
気持ちが落ちてしまったからか、彼女の雰囲気にある「半透明」な部分が少し濁ったように見えてしまいました・・・。つらい。キス&クライで涙を浮かべる彼女をみて、またつらい。

SPだけ調子を崩した・・・(=FSでは別人になれる)という感じではない気がして・・・ワタクシは「こんな時から?」と突っ込まれるのは承知の上で、「引退しないで!!」と言いたい。。。

あ~、私、シズニーさんも、このSPも、こんなに好きだったんだな~と再確認した次第。

●村上かなこちゃん(17才)日本/ヴァイオリン・ミューズby川井郁子/2位 62.67(34.61、28.06)
おお、かなこちゃん、この春から高校3年生ですか。今日まで、ワタクシ、あなたが私の大好きな姪っ子ちゃんと同じ学年だと気付かなかっただよ。そうかーーー、今日、ちょうど姪っ子ちゃんの最後の舞台(習い事のね)を観に行ってたんだけど。。。それと比べてどうこういうわけじゃないけど、うん、かなこちゃん、まだまだ子供の年齢なのに・・・すごく頑張ってるね。えらい。本当にえらいよ。

さて、彼女の魅力は、なんといっても「よく踊れる」という点です。しかも、彼女、踊れる人の中で比較しても、自由に動かせる身体の箇所・部分が多い部類に入ると思いますね。これは大きな強みだと思う。

まあ、相変わらず、この楽曲の世界観にはついていけてませんが(笑)、それは17歳には無理でしょ。17歳でこの楽曲の世界観を表すことができる人って、天才レベルかあるいは非常に過酷な育ちをしたかのどちらかですよ。この世界観を、単純に「大人っぽい」という言葉でのみ表するのは、明らかに不十分だと思う。

かなこちゃんは、世界観に追いつけない部分を、踊りのうまさと、動きの巧みさと、リズム感の良さ(=音楽とずれない)でカバーしてましたね。これで十分及第点でしょ。欲を言えば、音取りは、もっと「オタク的」にできたかな、彼女の能力からすれば。

●カロリーナ・コストナー(25歳)イタリア/「ピアノ三重奏曲第2番」より「アレグレット」byショスタコーヴィチ/3位 61.00(30.26、30.74)
彼女にしか似合わないと思わせる個性的な衣装(半分スネーク柄?ってところがまた!)と振付、何度見てもとても素敵ですね。このスネーク柄を部分的に使用した靴が欲しい、とか思う。

完璧とはいえない演技でしたが、調子がひどく悪いようには見えなかったのでFSで立て直してくれることを祈ってます。

●鈴木明子(27歳)日本/ハンガリアン・ラプソディ by E.マートン/5位 59.38(30.67、28.71)
冒頭から3‐3にかけての動きもキレてたし、何より3‐3が成功したので、これは乗っていけるか!?と思ったのですが、ルッツが2回転になってしまった辺りから、動きに精彩が若干欠けてしまったのは残念至極でござった。。。

でも次ですよ!これまで完璧にこなせたことのないFS、完成版を目指してゴー!だ、あっこ姉さん。応援してますよ!!
[PR]
by koharu-annex | 2012-03-31 01:55 | 2011-2012 フィギュアスケート
●真央ちゃん(21歳)日本/シェヘラザード/4位 59.49(30.89、29.60)
3Aの転倒は残念でしたが、四大陸に引き続きスピード感・勢い・滑らかさがありながらキレのあるムーブメント(特にステップ部分)が充分に見受けられ、表情もしまっていて(瞬間、鬼気迫るようなところがあるのも私は気に入ってる)、長期にわたり継続的に取り組み中のスケーティング技術の矯正は順調に進んでいるように感じられました。

2Aをクリアに飛んだ方が点数が高いってことはご本人がそりゃもうしっかりご存知なわけで。つまりは、彼女自身がどうしてもトライしたかったんだな~、というのがよく分かった今回のSPでありました。

●アレーナ・レオノワ(21歳)ロシア/映画「シンドバッド7つの海の伝説」「パイレーツ・オブ・カリビアン」より/1位 64.61(34.64、29.97)
乗ってましたが、羽目を外したような(あるいは感情を爆発させるような)乗り方ではなく、底にしっかりとした計算と落ち着きが見られました。大人になりましたね~

昨シーズンまでの彼女は不安定さばかりが目立つ人でしたが、今シーズンは高めで安定するという良い方向での劇的な変化が見られました。
なにより世界選手権で、シーズンベストを更新し、今シーズン初めての1位を獲得したのは立派ではないでしょうかね。

●クセニア・マカロワ(19歳)ロシア/「Maria And The Viollin's String」byアシュラム/6位 58.51(31.30、27.21)
青いマスカラが印象的な今回のメイクです。
八木沼さんが何度も指摘していた靴ひも、確かに気になりました。

GPSにおける彼女のSPパフォーマンスに対する感想は、アメリカ杯のときの感想(こちら)に集約されるのだけど、ワタクシ、この音楽、何気に気に入っているので、何とかものにしてくれないかな~と密かに思っていたのです。
したらば、今回はやってくれましたね~。決して情感は出てないんですが(というよりもむしろこの方向は諦めて音楽への調和に特化して訓練してきた感じがしました)、音楽に遅れずぴったりとムーブメントをシンクロさせていました。難しい楽曲なので、結構、これだけで快感です。シーズンベストもむべなるかな。

●アシュリー・ワグナー(20歳)アメリカ/映画「ポロック 2人だけのアトリエ」より/8位 56.42(28.80、27.62)
冒頭から勢いが足りないなあと思っていたら・・・あらら。終始スピード感に欠け、いつも感じられる体の力みすら感じられないような・・・。熱でもありましたか?という感じ。
四大陸の神がかった演技(こちら参照)が、重荷になりましたかね~。
[PR]
by koharu-annex | 2012-03-30 03:40 | 2011-2012 フィギュアスケート

いよいよですな~

皆様、ほんにご無沙汰しております~。

四大陸が終わってから、昨年11月以来たまっているバレエ記事のアップをするべ!と思っていたら、あっという間に、こんな時期に!あらら・・・。重なるときは重なるもので、本当にハードな1ヵ月半でした。忙しさで記憶があまりはっきりしない部分も多いし。ははは。
ということで、何度目かのブログ放置プレーでしたが、ご容赦下さい。

さて~!
アイスダンスのリード姉弟、涙、涙だったようで。弟君の怪我がやっぱり痛かった。しっかり治して、来期に向かって気持ちを切り替えて欲しいなあ。

ペアの高橋・トラン組は、会心の出来だったようで何よりでした。フリーが楽しみですね。川口組も気落ちせず前向きに!

今晩のフジでの女子SP、私は帰宅が放映時間に間に合わないので、夜中に録画を見ます。ドキドキ。明け方までに記事をアップするのが目標ですわ。
どのようなプログラム構成にしようとも、鈴木・浅田・村上(←年齢順ね)の3選手ご自身が、それぞれ自分で満足のいくパフォーマンスを披露できることを祈っています。まあ、正直にいうと、選手の年齢的な問題から(と言ったらご本人には失礼だが)、ワタクシはあっこ姉さんへの思いが強いですが。

これから数日、寝不足の日々ですね。
美味しいもの食べて頑張りましょう、皆様!

ほいじゃ、ひとまず、ごきげんよう~
[PR]
by koharu-annex | 2012-03-29 18:03 | 2011-2012 フィギュアスケート