もしかしてトホホ(http://blog.livedoor.jp/takurere1025/)の別館です。表現系に特化して更新します。


by koharu-annex

<   2011年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

THE ICE 雑感 

BS日テレで放送されたThe Iceの雑感です。

●かなこちゃん Amarti Si(アマルティ・シ)
ムーブメントがちょっと硬いかな。スローナンバーについては若干苦手意識があるというか(素の自分とテンポが違いすぎるんだと思う)、自分でモノに出来てないとわかっていて、且つ、その対処方法がまだ分かってない感じです。とはいえ、ダンスについては基本的にポテンシャルがとても高い方なので、今後に期待してます。

アモディオ君とのカップルダンス、気持ちは分かりますが、あんなに照れちゃダメです(笑)。

●羽生君 ロミオとジュリエット
この人の身体のしなり具合は本当に魅力ですよねえ。そして、たくさんの小さな鈴が鳴っているようなシャランとした音、まだ健在ですね。あと何年あるかなあ・・・。

DOIのときも書いたけど、彼のロミオは、音楽の選択が良いと思います。羽生君は、音楽性もあるし、かつロック魂もあるので、こういうタイプの楽曲も非常に良く似合いますよね~

心配なのは、彼の表現したいものが、今の彼の身体能力の範囲に納まらない、ということです。内から湧き出るものが大き過ぎて、身体が壊れそうです。とにかくケガをされないよう祈ります。「表現したいもの」がこれだけ明確に大きい、ということ、それだけで既に彼は宝ですから。

●アモディオ君 Summer Time, Mess Around
パーティーの後、蝶ネクタイを外して息をついてるようなくだけた衣装が、とても似合っていますね。こういうタイプって、日本男児にはとても少ない。あと数年たったら、もっと色気が出てきて、クラクラきちゃう女性がさらに増加することが容易に予測できますねえ(笑)。

哀愁を帯びたけだるいSummer timeは、この季節にも、この衣装にも、良く似合っていますよね。後半のMess Around への導入程度の扱いのように見えましたが、節電のむし暑い夏に見事にマッチングしてました。

彼は、色気だけでなくコミカルな役者のような演技力もあるので、いろんなことに挑戦できるでしょうし、且つやり遂げていくのでしょうね。若さゆえの体力不足が一つの課題ではあるでしょうけど。

●ジェフリー・バトルさん Harder Better Faster Stronger
若い人ばかり見た後に登場されると、そのくっきりと浮かび上がるような存在感がさらに大きく感じられますねえ。

この方はダンスやミュージカルがとてもお好きなんでしょうね。ソロだけでなく、皆さんと滑っているときも(それが自分が振付けたものであるかどうかを問わず)、とても楽しそうです。こういう、根っこに「これやってるときが楽しくて好き」という思いがある演技というのは、その思いがない演技に比べて、形式的な出来が同じであったとしても、鑑賞者を幸せにするパワーが全く違う。バトルさんの大きな魅力だと思いました。

●シズニーさん Moon River
オードリー演じるホリーというよりも、ホリーが歌うムーンリバーの精が歌に乗って空気中を舞っているようでした。
彼女のこの極度に高い透明感は、得がたい、と思いますね。何度も見たい。

●小塚君 Inner Urge
逃走する泥棒、には見えなかったけど(笑)、曲調は小塚さんに合っているのではないでしょうか。

新SPということなのでEXで許されているような演劇チックな仕上がりにはならないのでしょうけれども、滑り込んでいくともっと雰囲気が出てくるのかな。楽しみです。

●真央ちゃん Jupiter
真央ちゃんの体重が戻りつつあるようで、それが何より良かったです。4月の真央ちゃんの滑る姿は本当に痛々しかったから・・・

音楽は、ホルストのジュピターのメロディを使用した、英国国教会の聖歌。ジュピターに詞をつけた楽曲は、日本では平原綾香さんのデビュー曲が有名ですが、このイギリスの楽曲は、ダイアナ妃の結婚式や葬儀でも使用されたので、私以上の世代ではダイアナ妃を思い出される方も多いのではないでしょうか。私の中では、べっぴんさんの印象が非常に強い楽曲です(笑)。

いままでの真央ちゃんの衣装にはない、日本の天女を髣髴とさせる衣装がよいですね。袖口と裾のぼかしがピンクじゃなくて水色ってところもまたよいと思いました。

表現について形式的に言ってしまえば、昨季までは見られなかった「メリハリ」ができてる、ということがまず挙げられるのですが、今回の彼女の演技、私は、彼女は何段も階段を上がったと思いました。

一般論として、人間って、案外、自分のこととなると「ま、いっか~」的におざなりになっちゃっうけど、他人のために「何とかしなきゃ」と思ったときの方が、馬力が出ることってありませんか?ものすごく大雑把なたとえなんだけど、今回の真央ちゃんの演技に、私はこれを感じました。

彼女は、EXのプログラムを滑ってたんじゃない。祈ってました。

表現にメリハリをつけよう、という意識ではない。彼女は、思いを被災地に伝えようと、身体を動かしていました。思いを、胸や指先に溜めるだけ溜め込んで、一気にそれを放出させて、より遠くまで伝えようとしていました。届け、届け、と、あるいはどうか神様と、彼女は、そういう意識で動いていたと思います。

彼女は、彼女のためでなく被災者のために、他者のことを祈るため、それだけのために、動いていた。
こういうことって、真央ちゃんは初めてではないでしょうか。もちろん、彼女の資質の中にもともとそういう利他的なものがあったからこそ、こうなったのだとは思いますが、それでもこの演技で、彼女は、他者のための祈りを表現にたくすことに開眼したと思います。もう昔の真央ちゃんではないですね。

「大きくなって・・・」って、なんか親戚のオバサンのように一人ごちてしまいました(笑)。
[PR]
by koharu-annex | 2011-08-11 00:16 | 2011-2012 フィギュアスケート
アメリカン・バレエ・シアター ジャパン・ツアー2011
「ロミオとジュリエット」
2011年7月27日(水)午後6時30分~ @東京文化会館

振付: ケネス・マクミラン
音楽: セルゲイ・プロコフィエフ
原作: ウィリアム・シェイクスピア

指揮: チャールズ・バーカー
管弦楽: 東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団

ジュリエット: シオマラ・レイエス
ロミオ: コリー・スターンズ
マキューシオ(ロミオの友人): アロン・スコット
ヴェンヴォーリオ(ロミオの友人): ダニール・シムキン
パリス(ジュリエットの婚約者): ゲンナディ・サヴェリエフ
ティボルト(キャピュレット卿夫人の甥): サッシャ・ラデツキー
キャピュレット卿夫人: ステラ・アブレラ
キャピュレット卿: ヴィタリー・クラウチェンカ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
もうよく覚えていないのだけど、Metの舞台美術とは全部が一緒ではなく、ちょっと違っていたような気がする・・・。

コリー・スターンズさんは、足首が硬いですね。それと、甲が伸び切らなず、かかとが上がりきらないことがある。なので、踊りが上滑りな印象になる。そこが残念。

マキューシオのアロン君も、ヴェンヴォリオのシムキン君も小柄なダンサーなのですが、スターンズさんが一人高身長なので、ちょっとお兄さんに見えちゃいました。本来、この舞台はエルマン君(怪我でABTのMetシーズンだけでなく来日も断念)がロミオをやる予定だったのです。エルマン君は小柄なほうなので身長的には他の2人と釣り合いがとれて、子犬がじゃれあっているような3人組になったでしょうね。

キャピュレット家に潜り込む前の3人の踊りでは、「ロミオがいつも一人飛び抜けて上手で必ず誰かがずれる」という、今や定石ともいえるような(いや言っちゃだめか。笑)轍を踏まず、とてもよく揃っていました。また、ロミオのスターンズさん1人が抜きん出ていたわけでもありませんでした(この点はいんだか悪いんだか)。

シオマラちゃんは、以前と比べると、若干、初々しさが少なくなってきたかな。寝室のPDDや、特に墓場で仮死状態のPDDの圧巻ぶりに比べると、バルコニーのPDDで少し気持ちが乗っていないように見受けられました。ただ、バルコニーのPDDでは、身長の高いスターンズさんとのパートナリングが難しそうで、そのせいだったのかもしれません。

娼婦の踊りや、ロミオと愉快な仲間たちの3人がふざけて踊るシーン(例えばジュリエットの乳母をからかう場面)などは、ABTの皆さんは本当に上手です。ケレン味が有りすぎるという批判はあるかもしれないけど、ロミジュリではこれくらいケレン味があった方が、むしろ悲劇とのバランスが良いのではないかと思います。

第1幕、最初は鳥カゴだけだけど、時間が経過するにつれてお肉がぶら下げられて市場の雰囲気を出してました。しかし、更に時間が経過すると、お肉がひっそり下ろされて再び鳥かごだけに戻っていた・・・。新国立(byバーミンガム?)といい、ABTといい、今や、ロミジュリにおける「市場」って、「鳥かご」を意味する言葉に変わったの?

バルコニーのPDDのときのセットは、ジュリエットの部屋用の「小さなバルコニー」にちゃんとセット替えしてありました。私は、キャピレット家のボールルームのセットをそのまんまの形で流用するよりも、こうやって小さなバルコニーに変えてくれる方が好きです。

第2幕、やたらロミオと愉快な仲間たち3人組の踊りが多かった。やっぱりなんのかんのいって男性ダンサーが花形のABTですわね。男女問わず花形ダンサーの老齢化が指摘されて久しいけれど、若手の有望株は男性の方がやっぱり多いと思う。

マンドリンダンスの中心では、なーんと、マキューシオ役のアロン・スコットさんがマンドリン・ソリストの踊りを踊りました。アロンさん、大活躍!シムキンさんももちろんですが、アロンさんも楽しみな有望株の1人です。

どうでもいいけど、ロミオに「ジュリエットとの結婚」を夢想させる花婿・花嫁のカップルが地味でした。ABTの舞台で「地味」って珍しいんだけど、前からそうなんですよね。どうしてだろう。

あと、更にどうでもいいけど、市場を松葉杖をついて横切る傷病者が(この役はカンパニーを問わずどの舞台にも存在する)、あるときいきなり松葉杖を放り出し下手にある階段をダダーっと駆け上がって「うおーうおー」と両手を上に突き上げて喜んでいるところを目の端で捉えてしまったのだけど、あれはなんだったんだろう??? しかも、そのとき、周りにいる人々が「臭い」というジェスチャーをしていたような気がする・・・。初めて見た異様な光景でした・・・。

3幕、ジュリエットの寝室に差し込んでいる陽の光の照明が、なぜか赤くてびっくり。記憶にないんだけど、Metでもそうしてたっけ???悲劇に向かっていくところを象徴的に描きたいのかもしれないけど、ずっと赤なので目に触る感じでした。
[PR]
by koharu-annex | 2011-08-02 01:05 | バレエ(ABT)