もしかしてトホホ(http://blog.livedoor.jp/takurere1025/)の別館です。表現系に特化して更新します。


by koharu-annex

<   2011年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

闇に落ちたジゼル

男子FPの雑感を途中まで書いたんですけど、おそらく私に求められているのはこちらだろうと思いますので(笑)、とりあえず先に、キムヨナちゃんのジゼルについて、私の感想をあげておきます。

テレビ放送では、出番よりも前に練習やアップ風景が出るじゃないですか。そこで、ヨナちゃんの衣装を見たとき、私、ドン引きしちゃったんですよね。

上半身は紺でワンショルダー(肌色部分は無視ね)でキラキラさせてて、スカートは黒(あるいは限りなく黒に近い濃い~紺)。

これでジゼルですと!?、とちょっと混乱して動揺しちゃいましたよ。おそらく、バレエ「ジゼル」の衣装を把握している多くの方も同様だったのではないでしょうか。

無理矢理ジゼルと結び付けられるものがあるとしたら、ジゼル第1幕の衣装の胴着部分が水色~青を使うことが多く、「紺」がその延長線上にある色である、ということくらいです。

でも、あの衣装はストレートに「夜」のイメージで、バレエでいうならむしろ「こうもり」ですよ。オペラなら、夜の女王とか・・・
どうするつもりなんじゃ~?と思いながら、ヨナちゃんの演技が始まったのでありました。

音楽が鳴り出した途端・・・その音楽は、以前書いたとおり、狂乱の部分の音楽で、わたくし、あっ!と声をあげてしまったのでありますよ。


この衣装は、ジゼルの心の闇を表している!


と感じたわけです。

ワンショルダーは引き裂かれたジゼルの心の形状を暗に示しているようで、キラキラさせて夜の衣装のように見えた部分は、砕け散っていく心や涙を表しているようでもあり・・・。そこが濃紺であることは、その心がジゼルのものであったことの名残を示しているようです。そして、黒いスカートは、闇にズドーンと落ちていくジゼルの砕けた心の色をそのまま引き写したようです。

あの衣装は、バレエ「ジゼル」の具体的な衣装を模したものではなく、恋人の裏切りを知り、闇に落ちていくジゼルの心のうちを抽象的に表したものであると思いました。
あぁ、なるほどな~。良く考えてるなあ~。とワタクシ、感心した次第。

ヨナちゃんの「ジゼル」は、バレエ「ジゼル」の中から「闇に落ちていくジゼル」だけを取り出したものだと把握することが可能です。これは、陰陽で分けると完全に「陰」ですから、これまた完全に「陰」に分類されるヨナちゃんの本来的な性質と一致します。

実際、音楽は、9割以上をバレエ「ジゼル」第1幕ラストの狂乱の場面から取っています。唯一の例外は、第2幕ラストの「夜明け」のシーンの音楽(鐘の音が入っている部分です)がごく一部のみ採用されていること。
この夜明けの音楽は少しだけ周囲を明るくするイメージなので、その際、ヨナちゃんも「もしかして好転する?」というような顔をします。が、直後にまた狂乱の音楽に戻るので、ヨナちゃんもまた「やっぱりダメか~」的な顔をします(笑)。そして、あとはひたすら、狂乱の場面の音楽が続きます。

バレエでは、狂乱の場面でジゼルは発狂していますから、硬直した動きとか、不器用な動きとか、ぎこちない動きが多く見られます。柔らかくなめらかな動きは殆どないといっていいでしょう。

この狂乱の場面のムーブメントの特徴は、ヨナちゃんの身体のタイプに良く合う。
彼女は、ちゃきちゃき動くというタイプではありませんし、いわゆる「柔らかい動き」も身体能力的に難しいです(昨年から書いているとおり柔軟性、特に肩や肩甲骨の稼動域の狭さなどが主な理由)。なので、彼女は、強弱をつけたメリハリで勝負するしかないわけですが、それは、この狂乱の場面を演技するには、良い方向に働くと思います。

しかも、狂乱の場面の音楽は、極めて色彩に富んだドラマチックな音楽なので、演技の後押しをしてくれていました。

もちろん、ヨナちゃんの今回の演技が「メリハリあったね。」という評価を超えて、狂気の演技といえるかという点は、また別問題。以前も書いたけど、なんでお腹を押さえるの?という疑問が沸く動きもあるし(笑)。
さらに狂気さの推移で言えば、夜明けの音楽の後、花占いを思い出すシーンの音楽、剣を引きずり回すシーンの音楽、と進むにしたがって「狂気さ」が増して欲しい、とも思います。
その意味では、まだまだ食い足りない部分が多いです

しかし、彼女のジゼルの「方向性」については、私的には「あり」です。
(私は、バレエについてかなり許容できる範囲が広く、古典バレエの翻案ものも楽しめるタチなので。)

もちろん、彼女のジゼルが「許せん」と思うバレエファンがいらっしゃることは、確実だと思います。その意味で評価が分かれる演目だと思いますし、批判されても甘受すべきであろうとも思います。

なお、バレエ「ジゼル」については、つい最近アップした3つの記事(こちらこちらこちら)をご参照下さい。
[PR]
by koharu-annex | 2011-04-30 01:07 | 2010-2011 フィギュアスケート
先日アップした「ジゼル」に関する2つの記事(こちらこちら)に頂いたコメントから、ヨナちゃんの「ジゼル」の練習映像があるということを知り、早速見てみました(本当に情報にうとくて申し訳ないっす・・・)。

うん、あれ、第1幕のラストの狂乱のシーンの音楽ですね。

ただ、割と早い段階で、第2幕のラストにある「夜明け」の音楽が、一瞬だけ入っています(鐘の音があるところです)。

なので、「お!?」と思ったのですが、直後にまた1幕ラストの狂乱のシーンの音楽に逆戻り。

がっかり。

コメント下さった方から、お腹をおさえるような仕草が入っているとのご指摘もあったので、見てみましたが確かにそう見える箇所がありますね。
でも、バレエ「ジゼル」では、お腹をおさえることはありません(笑)。

ただ、この練習映像、割と流してる感じもするので、もっと別の動きもあるのかもしれませんね。
あとは、衣装がどんなものなのか、というところでしょうか。ヨナちゃんには、1幕の村娘よりも2幕の衣装を模したものが似合うと思いますが、他方で、バレエ見としては、狂乱のシーンの音楽で2幕の衣装を持ってこられたらかなり興ざめだなあ。。。
[PR]
by koharu-annex | 2011-04-28 10:52 | 2010-2011 フィギュアスケート
●日本勢
チームジャパン男子の3人は、いずれも小さなミスが散見されましたし、全体的に元気がない感じがしました(特に元気がなく感じたのは高橋さん)。
だけども、それは致し方ないよな~と思いながら見ていました。

とにかく、他の国の選手とは抱えてるものが違い過ぎます。
あの未曾有の大震災と津波の報道に接していたら、どうしたって心身の調子が下降気味になるのは明らかです。そんな中で、あのリンクに選手として上がっているだけで、同じ日本国民として拍手、です。

あんたなんかと比べるなって話でしょうが、わたくしなんか、今週になってようやく仕事のペースが元の7~8割くらいに戻ってきたくらいで、本格的にバリバリいけそうなのはGWあけからかな、という体たらくですわ。

●カナダ勢
チャンさんは、その高得点が妥当か否かはさておき、ジャンプも含め全ての動きに余裕がありました。
ただ、やはりというか、舞踊的な色彩とか世界観というものは非常に薄くて、そこは私には正直つまらないですね。
フィギュアスケートの技に関する「動く教科書」を見せられてる感じがするだけで、鑑賞作品として楽しくないのですよ。
おそらく、彼はずっとそうだと思うので、私は彼に関しては技術の教科書として拝見することにいたしました。

それにしても、あの悩みの無さそうなチャンさんのお顔。
今はトイレの百ワットのようで、見るのがちとしんどい。

レイノルズさんは、調子が悪かったですね。身体が重く、彼のムーブメントに特有の軽妙さみたいなものが全く出てなかった。

●フランス勢
アモディオ君とジュベールさんは、ともに音楽が「レジェンド・オブ・メキシコ」ですが、アモディオ君の方によりロックを、ジュベールさんのほうによりフォークロアを感じますね。(私の好みはジュベールさんの方です)

アモディオ君はキレのある動きでした。以前は、勢いに任せて力いっぱい動かしてる印象が強かったですが、今回は余裕をもってムーブメントを行っていました。スケート選手人生の中で何度か手にする成功の波の第一波に乗ってる感じです。

●チェコ勢
ブレジナさんは、和太鼓を使った音楽を使用。起伏に富んだリズム感が出た音楽だったので、バチッと振付が決まれば、すごく素敵になると予感させるプログラムでした。
決まるためには、身体のコントロール力のレベルアップが必要でしょうか。

ベルネルさんの「雨に唄えば」は、やっぱり何度見ても好きだな。
ミスは多少ありましたが、あの平和な世界を今回も堪能いたしました。

●ロシア勢
観客席のプルシェンコさんに、心の中で敬礼!
あ、タラソワコーチにも敬礼!

ガチンスキーさん、私、好きなんですよね。
特にこのSPの音楽の選択は秀逸だと思う。何度も似たようなこと書いて恐縮ですが、彼のちょっと知的なんだけどティーンネイジャーにありがちな不機嫌そうな顔と、プログレの先駆けたるピンク・フロイドは、ベストマッチです。
彼、音とりが適当で、身体のコントロール力も定まってないので、音楽とムーブメントがよくずれるんですけど、そこすらロックに感じてしまうという、お得な音楽選択ですわ。

時々、長い脚を御しかねてますね。これは長い手足を持ったバレエダンサーでも見られることです。訓練するしかありません。
[PR]
by koharu-annex | 2011-04-28 02:27 | 2010-2011 フィギュアスケート

ジゼルについて(2)

前回は、バレエ作品「ジゼル」の成り立ちに遡って、主人公ジゼルがどんな少女であるのかという点を検討してみました。

今回は、現在最も多く上演されている版のバレエ「ジゼル」における、主人公ジゼルの見所を押さえた上で、フィギュアスケートにおける「ジゼル」について、私の感想をば。

第1幕は、ジゼルの住む村が舞台です。
多くは、ドイツのどこかの片田舎で、時間帯は昼間、季節は晩夏~初秋で、村では葡萄の収穫祭があったり、貴族の一行が狩の途中で休憩したりします。

ジゼルの衣装は、当然ですが村娘の衣装で、多くは水色~青をポイントカラーとして使用します。
(Kバレエは違っていて茶色の胴着と黄色いスカートです。実はこれは原案の配色に近い。原案はデザインは違いますが、このような配色の衣装に青色のベールがついていたそうです。←シリル・ボーモント著・佐藤和哉訳「ジゼルという名のバレエ」新書館)

第1幕での少女ジゼルの見せ場(&彼女の資質が良く分かる象徴的場面)は、以下のとおり。
(1)恋の真っ只中にある少女のきらめき
⇒ 特に、恋人アルブレヒト(村では「ロイス」という偽名を名乗っている)と花占いでいちゃつくところは、ベタベタで引くかもしれないけど、後の狂乱の場面で過去の幸せの象徴として出てくるので、その仕草まで押さえておきたいところ。

(2)お母さんのいうことはきかない
⇒ ジゼルのママは、ジゼルの心臓が弱いことを心配して、あまり踊らないようにと忠告します。忠告ついでに、「もし無理して踊って死んだりしたら、大変よ。結婚前に死んだ女の子は、ウィリっていう怖~い幽霊になっちゃうのよ~!」なんて2幕への布石となる説明的なマイムをします。
ジゼル、母一人子一人の家庭でありながら、そんなママの忠告に対し、「大丈夫よ~」とばかりに踊りまくります。途中、うっ!と胸を押さえてアルブレヒトに心配されるシーンなんかもあったりしますが、それでもほどなくして踊りの輪に加わります。・・・自覚が足りないというか、自己コントロール力はかなり低め。

あと、本当はジゼルのママは、森番のヒラリオンを気に入っててジゼルのお相手に良いと思ってて、アルブレヒトには違和感を感じてる(これが通常の感覚)。だけど、そんなママの意向について、ジゼルはお構いなしです。まあ、この点については、ジゼルに限らず古今東西多くの娘も同じですかね(笑)。

(3)無邪気な振る舞い
⇒ ジゼルは、狩の途中で村に寄った貴族の娘バチルダ(実はアルブレヒトの婚約者)の装束の素晴らしさに、とっても綺麗~、とばかりに触ってみようとします。ところが、手を伸ばしたところで、バチルダに振り向かれて思わず手を引っ込める。・・・無邪気な田舎者ともいえるけど、すごく子供っぽいともいえる。

(4)狂乱から死へ
⇒ 恋人アルブレヒトが実は貴族で、目の前にいる綺麗な貴族の女性バチルダの婚約者だと知って、彼女は発狂します。髪を振り乱し(これは倒れたジゼルに駆け寄ったジゼルのママが、こっそりジゼルのまとめ髪をほどいて作り出す)、昔の花占いの場面をヨロヨロと再現したり、アルブレヒトの剣を引きずりまわしたりした挙句に、死亡。
 ここは、ジゼルの「おばかさん」の本体というか「変人」っぷりが大暴走するところなので、ダンサーの演技力が極めて重要になってきます。いろんなダンサーの狂女の演じっぷりは、なかなか見ごたえがありますし、1幕の最大の見せ場です。


次の第2幕の場面は、森の中にある墓場で、時間帯は夜、月光の青白い光に照らされています。
下手の隅にジゼルと書いた十字架の墓標があります。
 
ジゼルの衣装は、真っ白で、何枚もの薄い生地(私はオーガンジーくらいしか生地の名称を知りませんが、いろんな種類があるみたいです)を重ねた半透明の柔らかい長いスカートが特徴です。飛び上がると、身体の動きのあとからスカートがふわりと動く、というようなイメージですね。
他のウィリ達や、ウィリの冷酷な女王ミルタも同様の衣装を着ています(ミルタは少しゴージャスバージョンになってます)

第2幕での、ジゼルの見せ場は、以下のとおり。
(1)登場
⇒ ミルタの合図で、ジゼルが墓場からゾンビ、じゃないウィリとして復活(?)。
登場時はなんとも無感情な表情をしており、人間ではない冷酷なウィリになってしまった雰囲気。

(2)墓を訪ねてきた恋人アルブレヒトと「感じる」だけの交信
⇒ アルブレヒトに気づいたジゼルは彼のもとに近づいていくのだけど、彼はウィリとなったジゼルを見ることはできない。でも、確かに彼はジゼルを感じるの。
この「感じる」だけという前提で踊る2人のパ・ド・ドゥは、男性のテクニックが必要なんだけど、これがうまくいってジゼルの重さを感じず空気に溶け込ませるようにして踊られると、とても美しいです。

(3)森番ヒラリオンが殺害されるのは完全放置だが、アルブレヒトは必死で守る
⇒ アルブレヒトよりも一歩先に墓場にきていたヒラリオンは、ウィリ達に力尽きるまで踊らされたあげく、殺されてしまいます。彼については、ジゼルは一切関知せず、殺されるがままにしています。
次はアンタよ!ってな具合に、ミルタを筆頭にしたウィリの群れの矛先がアルブレヒトに向いた途端、ジゼルは彼をかばい、一緒に踊りつつ彼が疲れ果てるのを食い止め、彼を死から救うのです(その後、ジゼルは墓の下に戻っていく)。

ウィリになると、乙女達は優しさを完全に無くした冷酷無慈悲な妖怪もどきになって若い男を貪り殺す、という前提がある中で、このジゼルの行動は完全に異質です。
ですが、ジゼルが異質である原因は、彼女に人間的な優しさが残っているから、ではないのです。異質さの原因は、特定の男性(アルブレヒト)への異常に強い愛情、これのみです。

それが執着にまで至らずに、ラストで彼を生の世界に返してあげる、という設定が秀逸で、ここが人気のある理由の1つでしょうね。


さて、ここまで見てくると、フィギュアスケートにおける「ジゼル」の特異性がお分かり頂けると思います。
まず、衣装が本丸の第2幕ではなく第1幕のものですし、たいていは幸せな恋の雰囲気と不幸せな狂乱の場面の2つをモチーフとしてピックアップしています。(中野さんのジゼルは、まさにそういうジゼルでした。)

つまり、フィギュアスケートにおける「ジゼル」は、バレエ「ジゼル」の本丸を攻めてない、ということになります。
もちろん、これには簡単に想像できる説得的な理由があります。2幕の衣装ではスケートはずばり滑り難いでしょうし、音楽の変化に富んでいるのは1幕だからです。

が、わたくしめは、キムヨナさんのSPは、是非2幕を意識したものであることを願います。
どちらかというと都会的な雰囲気のある彼女には、村娘の衣装が似合うとは思えません。また、2幕のジゼルはアルブレヒト以外に対しては完全ウィリと考えてよいので、1つの特定のもの(アルブレヒト)に対する強い思いと、それ以外に対する異常な冷たさの2つが並存しているという特徴があります。これは、おそらくキムヨナ選手にマッチすると思います。

ということで。

楽しみだなあ!!!!
[PR]
by koharu-annex | 2011-04-27 14:11 | フィギュアスケート女子

ジゼルについて(1)

皆様、お久しゅうございます。
いろいろ思うところは山ほど!なのですが、今回からは、通常マターの記事にさせて頂きますので、ご了承下さい。

さて。
以前から、キムヨナちゃんのSP(ですよね?)がジゼルであるということで、バレエ見のワタクシめの意見はどない?というコメントを複数頂いております。

そこで、今回は、まずバレエ作品「ジゼル」におけるジゼルとは、そもそもどんな少女なのか、というところからご説明したいと思います。

ジゼルについてなーんも知らないという方は、とりあえずウィキペディアのジゼルのページ(こちら)に、ざっと目を通してください(ただし、このウィキさんの記載の中には正確とは言い難い部分があります。たとえば、「主人公が死装束で踊る」というくだりとか。とはいえ、ざっくり把握する分にはウィキさんで充分です)。

ジゼルは2幕もののバレエですが、1幕と2幕では対照的な世界が描かれます。
1幕・・・生の世界、明るい農村の昼間、楽しい会話と踊り、恋人達のじゃれあい
2幕・・・死の世界、月光のみの夜の墓場、死の世界の踊り、死へ向かう踊り

このうち本来ジゼルという作品が描きたかった世界は、2幕の世界です。
これ、とても重要なので、きちんと説明します。

ジゼルは、18~19世紀にヨーロッパを席巻したロマン主義の流れの中にある、一連のバレエの代表格です。バレエ作品における「ロマン主義」というのは、ごく乱暴にまとめてしまえば、幻想的なものや異国的または地方色豊かで叙情的なものへの志向で、これに属する作品はロマンティック・バレエと呼ばれます。

ジゼルの初演は1841年ですが、後世よく研究されているバレエ作品の1つでして、ネタ元もきちんと確認されています。その主なものは、以下の2つです。

 ① マイヤベーア作曲オペラ「悪魔ロベール」(1831年)におけるバレエシーン
 ② ハイネがフランスで紹介したゲルマンやスラブ民族における精霊伝説

まず、①「悪魔ロベール」のバレエシーンというのは、悪魔が歌を歌うと、尼僧院のお墓から亡くなったはずの尼さん達の亡霊(ゾンビ?)が出てきて踊る、というものです。ついでに言うと、この尼さん達は全員、生前姦淫の破戒を行っているという前提があり、男性主人公を誘惑するという、設定です。

次に、②の精霊伝説ですが、概説が困難なので日本語訳を引用します。
「その地方で『ヴィリス』という名で知られている踊り子たちの幽霊伝説である。ヴィリスは結婚式をあげるまえに死んだ花嫁たちである。このかわいそうな若い女たちは墓のなかでじっと眠っていることができない。彼女たちの死せる心の中に、死せる足に、生前自分で十分満足させることができなかったあのダンスの楽しみが今なお生きつづけている。そして夜中に地上にあがってきて、大通りに群れなして集まる。そんなところへ出くわした若い男はあわれだ。彼はヴィリスたちと踊らなければならない。彼女らはその若い男に放縦な凶暴さで抱きつく。そして彼は休むひまもあらばこそ、彼女らと踊りぬいてしまいに死んでしまう。婚礼の晴れ着に飾られて、頭には花の美しい冠とひらひらなびくリボンをつけて、指にはきらきら輝く指輪をはめて、ヴィリスたちはエルフェと同じように月光をあびて踊る。彼女らの顔は雪のように真っ白であるが、若々しくて美しい。そして神秘的な淫蕩さで、幸せを約束するようにうなずきかけてくる。この死せる酒神の巫女たちにさからうことはできない。」(ハイネ著・小沢俊夫訳「流刑の神々 精霊物語」岩波文庫)

このネタ元が示すように、ジゼルの本丸は2幕の死の世界。
処女性を念頭においたちょっとだけエロい香りをまといつつ(当時としてはおそらくココが案外重要だと思う)、多くの女性幽霊どもが幻想的に踊って男に絡んでくる、というある種の雰囲気に満ちた世界観を見せること、これが念頭に置かれてる(現代ではかなり薄くなってますが)。

この2幕で、主人公ジゼルをこの雰囲気の真ん中に置くために、彼女には一旦死んでもらわなくちゃいけない。
そのために1幕は用意されていて、そこでは、彼女が元は生の世界にいたことを示し、亡くなって死の世界に来たことが分かるような展開がなされることになります。

この1幕で生から死への道筋を示す際に、後にウィリに絡まれることとなる男性を2人登場させたことが、「ジゼル」を今でも上演される大ヒット作にした要因の1つだと思います。(もう1つ絶対挙げたい要因は2幕の群舞の美しさ)
が、今回は、男性陣への言及は最低限にしますね。

1幕のジゼルの死ですが、正直、ちょっと無理があるのです。
踊りが大好きで、しかも、すごーく上手に踊れる少女ジゼルが、結婚前に突然昇天する、という展開をもたらすために、「ジゼル」が取ったストーリーは・・・



恋人の裏切りによる狂乱死



狂乱で死亡って。。。。うーん、無理無理です。(そのため、ここを自殺にしちゃうバージョンもあります。でも、キリスト教との関係で特定の国や地域では上演の際に問題が生じることが懸念されたりするらしいです。)
前提として、踊りは好きだが心臓が弱い、という昔の少女漫画のような設定をしていても、やっぱり苦しい。

しかも、恋人の裏切りが、「最近ちょっと村人のふりして美しいジゼルと戯れて遊んでたけど、実は貴族で婚約者がいた」って・・・そこも無理無理でしょ。

ジゼルは生まれも(←別バージョンあり)育ちも村娘のくせに、突然村に現れた得たいの知れない男を、怪しいと思わなかったの?
時々消えて、時々あらわれるって、そんな村人あり?
その男はどんな仕事をしてると思ってたの?
もしかして、フーテンの寅さんもどきと思ってた?でも、村娘にとって、働いてない男って圧倒的にあかんでしょ。
そもそも、立ち居振る舞いも、着ている服も(貴族の象徴である剣とマントは隠してるけど)、自分とは違う世界の人だと気づかないのは、いかにもおかしい。
恋は盲目といえども、恋、なかんずく10代の恋なんてものは、不安を必ず伴うもの、それは相手の男性の全ての発言と彼を取り巻く全ての要素への注目につながるはずで、そこに矛盾があることになんら気づかない、というのは、端的にいうと「おばかさん」です。

もちろん、彼は普通の村人ではないのでは?もしかして高貴なお方では?・・・と思いつつも、恋にまっしぐらということはあり得るけど、その場合は、心の奥底では身分違い等で結ばれない恋だと既に気付いていたはずで、狂乱にまで至るなんてますます無理がある。

という次第で、この「無理」をフォローするためには、ジゼル本人がそういう無理なことを実現しちゃう大変人である必要があるわけですよ。

つまり、結論からいえば、ジゼルってば、おばかさんで、客観的に物事を見ることができなくて、思い込みが激しくて、興奮し易い、とっても変わった女の子、という側面がある、と判断せざるを得ない。

ところが、このおばかで思い込みの激しい資質が、2幕で、精霊ウィリ(妖精と書かれることもあるけど、実態はゾンビとか、幽霊とか、悪霊とかその手の類)になった後においてすら、恋人を一途に思い、ウィリ仲間から彼を守り抜く、という変人ならぬ変ウィリにつながっていくわけです。

上記のことが確信犯的に設定されたことなのか、それとも偶然の産物なのかは分からないけれど、1幕で生じていた無理がそのまま破綻に進むのではなく、一応の落ち着きどころを見つけ、2幕で最終的に見るものを納得させる結論に至っている、という点は、バレエ「ジゼル」の素晴らしいところです。


次回は、以上を前提に、現代の「ジゼル」の見所と、これまでのフィギュアスケートにおけるジゼルについて。
[PR]
by koharu-annex | 2011-04-26 23:47 | フィギュアスケート女子