もしかしてトホホ(http://blog.livedoor.jp/takurere1025/)の別館です。表現系に特化して更新します。


by koharu-annex

<   2011年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2010年11月10日(水)午後7時~ @東京文化会館
モーリス・ベジャール・バレエ団 「80分間世界一周」

振付: モーリス・ベジャール

【出演】
Ⅰ.イントロダクション   男性全員
   旅人: マルコ・メレンダ
Ⅱ.セネガル
   ソロ: リズ・ロペス
   パ・ド・ドゥ: ダリア・イワノワ、ダヴィッド・クピンスキー
Ⅲ.サハラ
   パ・ド・シス: ジュアン・プリド、ヴァランタン・ルヴラン、ホアン・サンチェス、ダニエル・サラビア・オケンド、ガブリエル・アレナス・ルイーズ、エクトール・ナヴァロ
Ⅳ.エジプト    ジュリアン・ファヴロー
Ⅴ.ギリシャ    女性全員
   マヌーラ・ムウ: リザ・カノ
Ⅵ.ヴェネツィア
   七つの色: 大貫真幹、ガブリエル・アレナス・ルイーズ、エクトール・ナヴァロ、ウィンテン・ギリアムス、ローレンス・ダグラス・リグ、ダニエル・サラビア・オケンド、ヴァランタン・ルヴラン
   ライト: エリザベット・ロス
   恋する兵士: 那須野圭右
Ⅶ.ウィーン
   美しく青きドナウ: キャサリーン・ティエルヘルム、ドメニコ・ルヴレ、カンパニー全員
   エジプト王タモス: ジル・ロマン
Ⅷ.パルジファル   カテリーナ・シャルキナ、オスカー・シャコン
Ⅸ.インド    那須野圭右、ガブリエル・アレナス・ルイーズ、ヴァランタン・ルヴラン、男性全員
Ⅹ.アレポ  ルイザ・ディアス=ゴンザレス、ポール・クノブロック、ダリア・イワノワ、フェリペ・ロシャ
ⅩⅠ.中国
   ソロ: オアナ・コジョカル
   パ・ド・ドゥ: エリザベット・ロス、ジュリアン・ファヴロー
ⅩⅡ.北極  男性全員
ⅩⅢ.サンフランシスコ
   タップダンス: ダリア・イワノワ、カテリーナ・シャルキナ、リザ・カノ、女性全員
   ハムレット(デューク・エリントン): ジュリオ・アロザレーナ
ⅩⅣ.パ・ド・シス  エルザベッド・ロス、カテリーナ・シャルキナ、ダリア・イワノワ、ジュリアン・ファヴロー、ドメニコ・ルヴレ、ポール・クノブロック
ⅩⅤ.アンデス
   ソロ: ダヴィッド・クピンスキー
ⅩⅥ.ブラジル
   パドゥカーダ: 那須野圭右、ガブリエル・アレナス・ルイーズ、ダヴィッド・クピンスキー、ポール・クノブロック、オスカー・シャコン、カテリーナ・シャルキナ、ダリア・イワノワ、エリザベッド・ロス、ジュリアン・ファヴロー、カンパニー全員

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
とても美しい作品でした。
ベジャール、やっぱり、天才だな。

ソロの振付もさることながら、パ・ド・ドゥ、パ・ド・トロワ、パ・ド・カトル…等々、複数のダンサーの組合せによる振付の有機的な結合は、見事というほかない。

昨今、ある一定割合の振付家は、パ・ド・ドゥやパ・ド・トロワの振付でリフトを多用するけれども、ベジャールはリフトを殆ど使わない。
使ってもここぞというときに効果的に使うだけだし、そのときのリフトも決して派手じゃない。

最近の派手なリフトは、男性は「土台」に徹せざるをえないようなものが多くて、思い返すと男性ダンサーについては、「なんかずっと、かがんでたな~」みたいな印象しかなかったりするんだけど(笑)、ベジャールは決してそういうことがないね。

ダンサー達はいつも対等に「踊っている」。

その前に観たオーストラリアバレエ団の白鳥のパ・ド・ドゥがまさに「男性は土台」系で、しかもその度が過ぎている気がしていたので(感想には書いてないけど)、なお更一層、「あぁ、踊りってこうじゃなくちゃなぁ~」としみじみ思いましたことよ。

ダンサーでは、ジュリアン・ファヴローに釘付けになりました。
いや、有名バレエ団の主役級のダンサーってね、踊るために生きているんですよ。
生活のほぼ全てをそれに捧げてる。そうじゃなきゃ、主役はれませんから。

でも、その中でも、こっちサイドから見るだけで、



踊るためにこの世に生まれてきて、
踊るためだけに生きている。





と思える人は、ほんの一握りです。
完璧に均整が取れた肉体と、完全な美を造形していく研ぎ澄まされたムーブメント。

久々に観たけど、ファブロー君って、まさにそんなダンサーだわね~
と思いながら、胸熱く観ていました。
[PR]
by koharu-annex | 2011-01-31 19:10 | バレエ(その他)

近況報告&将来の予告?

皆様、大変ご無沙汰しております。

わたくし、今月は仕事に忙殺されております。
31日が過ぎたら、少し楽になるはず。(たぶん)
あーーーー寝てなくて眠い。限界、近いわ~~~

こうなるのは12月の段階で分かっていたから、本当は昨年の段階から少しずつ準備しておくつもりだったのに。
それができなかったのは、12月の忘年会のせいだな・・・。

今年からは、2回に1回は断ろう。
少なくとも一晩に3つ掛持ちはやめよう、と固く誓っている今日この頃。
(年末まで覚えてるかなあ・・・)

31日は、ある会の講演なのです。
全国の支部にテレビ中継されるので、バカなこと言えず、ひたすら準備に没頭せざるを得ず。
いや、バカは露呈してもいんだけど(その方が後々楽だし)、人様の時間を拘束する以上、
少しでもお役に立てる情報を提供すべきであって、そっちで緊張してます。

しかも、初めてなのに中継。
あーー、緊張する。

で、31日が終わったら、昨年中に観たバレエ記事のアップから再開する予定です。
フィギュアの全日本については、その後になります。
申し訳ないです。
[PR]
by koharu-annex | 2011-01-28 17:41 | ごあいさつ
新国立劇場バレエ公演 ビントレーの「ペンギン・カフェ」
同時上演 バランシンの「シンフォニー・イン・C」、フォーキンの「火の鳥」

2010年10月31日(日)午後2時~ @新国立劇場

指揮: ポール・マーフィー
管弦楽: 東京フィルハーモニー交響楽団

●火の鳥
振付: ミハイル・フォーキン
音楽: ストラヴィンスキー
衣装: ナターリャ・ゴンチャローワ
【出演】
火の鳥: エリーシャ・ウィリス
イワン王子: イアン・マッケイ
王女ツァレヴナ: 寺田亜沙子
魔王カスチュイ: 冨川祐樹
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
衣装がいいな~(特にカスチュイ)と思っていたら、パンフレットに、なーんと「Costumes executed by American Ballet Theater」の一文が。
なるほど、ABTぽいわ~。
ま、本当のABTのつづりは、「Theater」じゃなくて、「Theatre」なんだけどね(こちら参照)。

ありゃ? 今、ABTの今年のシーズンのパフォーマンス・スケジュールを確認してたら・・・
今年7月の来日公演のプログラム決まったのね~(ABTの7月のスケジュール-こちら-参照)

ちょいと備忘録がわりにここに書いておこう。
7月21日 演目未定
7月22日~24日 ドンキホーテ
7月26日~28日 ロミオとジュリエット
7月29日 演目未定

「演目未定」にはラトマンスキーの新作希望。「明るい小川」でありませんように・・・(明るい小川はラトマンスキー振付のものをボリショイの来日公演で観てるので)。
ちなみに、キャストはまだ書かれてません。

●シンフォニー・イン・C
振付: ジョージ・バランシン
音楽: ジョルジュ・ビゼー(交響曲第1番ハ長調)
【出演】
第1楽章
プリンシパル: 米沢唯、菅野英男
コリフェ: 西山裕子、大和雅美、福田圭吾、小柴富久修
第2楽章
プリンシパル: 川村真樹、貝川鐵夫
コリフェ: 細田千晶、川口藍、澤田辰生、田中俊太郎
第3楽章
プリンシパル: 厚木三杏、輪島拓也
コリフェ: 寺島まゆみ、寺田亜沙子、グレゴリー・バリノフ、野崎哲也
第4楽章
プリンシパル: 丸尾孝子、古川和則
コリフェ: さいとう真帆、高橋有里、アンダーシュ・ハンマル、原健太
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
頑張ってたし、それなりに揃ってたし、敢えて文句言わなくても、、、な出来ではあったんですけど。
うーん、何かが足りんのだよね。
まあ、私はバランシンがそんなに好きじゃないので、敢えてその「何か」を追求したいとは思いませんから、スルー。

●ペンギン・カフェ
振付: デヴィッド・ビントレー
音楽: サイモン・ジェフェス
装置・衣装: ヘイデン・グリフィン
【出演】
ペンギン: 井倉真未
ペンギン・ウエイター: 伊東真央、加藤朋子
ユタのオオツノヒツジ: 遠藤睦子、江本拓
テキサスのカンガルーネズミ: 福田圭吾
ケープヤマシマウマ: 古川和則
熱帯雨林の家族: 山本隆之、小野絢子、上村光
鼻豚スカンクにつくノミ: 西山裕子
ブラジルのウーリーモンキー: 吉本泰久
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ビントレーが、サイモン・ジェフス率いる「ペンギン・カフェ・オーケストラ」の楽曲に触発されて創作した作品だそうです。
登場する動物たちは、全て絶滅危惧種。

動物は全て、いわゆる「かぶりもの」をかぶって踊るので、ダンサー達はそりゃ大変ですわ~
皆様、すごくキュートに踊ってました!
私はこの作品は、音楽も振付もそのマッチングも、とても好きですね。
もう1回観たいなあ。

私は、ビントレーの作品はこの作品に限らず、とても好きです。
彼の作品は、楽しくて華やかでありながら、現代的なアクセントもあって、でも品があって、多くの人に好まれると思いますね。

彼が新国立のために振付けて2008年に世界初演された「アラジン」が5月に再演されるので(こちら)、ご興味のあるかたには、是非足を運んで頂きたいと思います。
[PR]
by koharu-annex | 2011-01-05 01:20 | バレエ(新国立劇場)
2010年10月17日(日)午後3時~ @東京文化会館
オーストラリア・バレエ団 「くるみ割り人形」-クララの物語- 全2幕

振付: グレアム・マーフィー
共同製作: ジャネット・ヴァーノン
構成: グレアム・マーフィー、クリスティアン・フレドリクソン
音楽: チャイコフスキー
装置・衣装: クリスティアン・フレドリクソン
照明: ジョン・ドゥルモンド・モンゴメリー
映像コラージュ: フィリップ・シャールエット

【出演】
年老いたクララ: マリリン・ジョーンズ
クララ、バレリーナ: リシンダ・ダン
子供時代のクララ: 柴平くるみ

第一幕
ロシア人たち: オードリー・ニコルズ、キャスリーン・ゲルダード、シェーン・キャロル、コリン・ピーズリー、ロバート・オルプ、フランク・レオ、アンドリス・トッペ
医師/恋人ノ将校: ロバート・カラン

第二幕
バレエ教師: コリン・ピーズリー
バレエ学校校長: アンドリス・トッペ
将校: アンドリュー・キリアン、ティ・キング=ウォール
クララの友人: アンバー・スコット、ラナ・ジョーンズ
ニコライ皇帝、アレクサンドラ皇后: ベン・デイヴィス、ローラ・トン
大公姫たち: ジュリエット・バーネット、エイミー・ハリス、キスメット・ボーン、ジーナ・ブレッシャニーニ
皇帝ノ護衛隊: ブレット・サイモン、アンドリュー・ライト、ジャリド・マッデン、ギャリー・ストックス
"クルミ割り人形"-王子、クララ: ルディ・ホークス、ルシンダ・ダン
スペイン: ジーナ・ブレッシャニーニ、ジュリエット・バーネット、久保田美和子、マシュー・ドネリー、ダニエル・ゴーディエロ
エジプト: ジャリド・マッデン、ジョン=ポール・イダジャク、ミッチェル・レイナー、ジェイコブ・ソーファー、アンドリュー・ライト、ノア・ガンバート、ジャ・イン・ドゥ
オーストラリアの水兵たち: ツ・チャオ・チョウ、ケヴィン・ジャクソン、チェンウ・グオ、ジャ・イン・ドゥ、ジェイコブ・ソーファー、マシュー・ドネリー

指揮: ニコレット・フレイヨン
演奏: 東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団
合唱: 江東少年少女合唱団
協力: 東京バレエ学校

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

グレアム・マーフィーの白鳥の湖(こちら)の制作は、2002年。
このくるみ割り人形の制作は、その10年前の1992年です。

この10年というのは、マーフィーさんにとって、すごく大きな10年だったんだな~ということが良く分かります。
特に群舞。
くるみ割り・・・の群舞は、どの場面においても、大人数の上に無理な振り付けてんこ盛りなせいで、舞台上でドタドタと大群が不器用に動き回り、あげく振り付けをこなしきれず、洗練さに欠けることこの上なし。
これは白鳥・・・ではあまり見受けられなかったと思います。

まあ、何の分野でも、洗練された域に達するための「マイナスの美学」を習得する前には、ごてごてと飾り立てる時期が必要なわけで。
しかも、この「ごてごて」を行うためには、才能が必要なわけで。

そういう意味では、マーフィーさんの才能とその開花の過程がよく分かる2つの演目でした。
[PR]
by koharu-annex | 2011-01-02 19:53 | バレエ(オーストラリア)