もしかしてトホホ(http://blog.livedoor.jp/takurere1025/)の別館です。表現系に特化して更新します。


by koharu-annex

フライング!五輪男子SP

ワタクシ、頑張って朝方まで起きて、Liveで見たのよ。(ホントは途中何度か落ちた。高橋さんの演技直前に旦那が「高橋だよ!」って起こしてくれた。ナイス!旦那!)

おかげで今日はつらかった。
でも今晩も頑張る・・・頑張れる。・・・たぶん。

6分間練習でのプル様の異変は、テレビのこちら側からも分かりました。
怪我で棄権するなら、早めにそうと決めてコフトン君を出させてやれよ、という意見も当然出てくるのでしょう(こちらのハビ君の意見とか)。ただ、出場選手の申出は2月10日が締め切りって報道もあり(携帯で見たのでソースは今拾えません)、そうであるならば、棄権の判断は難しかったと思います。テレビでの6分間練習を見る限り、決定的なアクシデントが起こったのはまさに6分間練習の最中だったから。2回アクセルに挑んだんンだけど、1回目の時に何かがあって、2回目は明らかに身体をかばった(痛さに身体がビクッとした?)へんてこりんなジャンプ。そこからずっとうつむいて腰を押さえてて…。ああ、これは難しいかも…って誰もが感じたと思う。

プル様の演技順は6分間練習の直後だったので、他の選手が練習から引きあげる中、彼一人がリンクに残っていたんだけど、顔面はかなり蒼白に見えた。一旦、リンクの中央に向かって行ったように見えたんだけど(え、演技するの?と思った)、意を決したように審査員席へ。ああ、一つの歴史が終わったと思いました。

今、羽生君のニュースでマスコミは沸き立っているけれど、羽生君がプル様にどんなに憧れていたか、プル様の方も今回のSPだけを見て「羽生が金に近い」と言ってくれているのではなく、数シーズンも前から羽生君の才能をとっても高く評価してくれていたことをもっと伝えて欲しいと思いました。(プル様は、ソチに向けて、日本人選手で注目すべきは羽生だ、彼はバランス良く才能を持っているって、もう何年も前から言ってくれてたので。)

羽生君つながりでいえば、オーサーさんとハビエル君のことも言いたい。
ヨナちゃんがバンクーバー五輪で金を取っているから、どうしても「キム・ヨナの元コーチ」って話にしちゃうんだろうと思うし、コーチ履歴としてはそうなんでしょうが。でも、羽生君がオーサーさんに注目した直接のきっかけは、「オーサーさんに学んでいるハビエル君の4回転が凄いと思ったから」。

これ、フィギュアスケートファンはもれなく知っている事実だけど、マスコミはちゃんと報道しないよねえ。今季に限ってハビエル君の調子が悪いし、あの人を食ったようなSPに派手さが無いせいか、マスコミはハビエル君のことをどうも軽視し過ぎているような気がする。

羽生君がこんなに成長したのは、もちろんオーサーさんが素晴らしいコーチだからでしょうけれど、このコーチにつく直接のきっかけはハビエル君であり、ハビエル君とともに学ばせてもらうことにより、羽生君は急成長したと言えると思う。羽生君が、自分のSPの直後に滑るハビエル君に向かって、キスクラから立ちあがって応援の声をかけていたけど(ハビ君の向こうに映ってた)、これは練習メイトである以上の気持ち、自分を成長させてくれたハビエル君への感謝の気持ちがあると感じました。だからこそ、ハビエル君のこと、マスコミはもっとちゃんと扱って欲しいと思う次第。

今回のSPで私が叫び倒したのは、まっちー。君だよ~
感情のまま叫んでたら、旦那から冷静に「口が悪いですよ」とたしなめられました…。
でも・・・ああ!!!
ティムシェル、ティムシェル!
あんなに言ってたティムシェル!
うがあぁぁっ!!!言葉にならない・・・




[PR]
by Koharu-annex | 2014-02-14 23:32 | 2013-2014 フィギュアスケート