もしかしてトホホ(http://blog.livedoor.jp/takurere1025/)の別館です。表現系に特化して更新します。


by koharu-annex

能「天鼓」ほか

バレエと同様、実は、能の観賞記録も溜まりまくってる・・・ってことで、今日は能の記録です。
最近のものからです。

観世会定期能 平成24年9月2日(日)@観世能楽堂

前半の能「花月」と狂言「箕被(みかずき)」は、見ていないので省略。

【仕舞】
●「実盛」キリ: 坂井音重
●「仏原」: 寺井栄
●「鐘之段」: 関根祥六
●「歌占」キリ: 浅見重好
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
先だって(7月14日)のNHK「古典芸能への招待」で、神がかり的な「恋重荷(こいのおもに)」のシテを見せた関根祥六さん。今日の「鐘之段」(能「三井寺」の一部を仕舞にしたもの)も見応えがありました。

【能】
●「天鼓(てんこ)」弄鼓之舞(ろうこのまい)
シテ: 山階彌右衛門
ワキ: 高井松男
間: 深田博治
後見: 木原康之、観世恭秀
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
後ジテの舞の際、装束が作りものに引っかかってしまい、作り物(=天鼓)の向きがワキの方に!!
うわ~。これ、鼓を打つ振りの時にどうすんだ~?方向全く違っちゃうよ~。
ワキが直すわけにも行かないよね、後見がこんな前まで出てこられるかなあ~と思いながら見てたのですが。やはり、中央でシテがかなり激しく舞うので、後見、後ろから出てこられず。

したらば、なーんと、シテの山階さんが!!
鼓を打つ振りの直前に、作り物に猫パンチ(に見えた)を2発献上。

結果・・・わーっ、方向は直ったけど、作り物の上の方が衝撃でふにゃ~っと曲がってしまった・・・。

観客一同、息を飲んだんだけど、山階さん見事に舞を続けて「さすが!」の一言。
ある意味、珍事なんだけど、とっても楽しかった。


 
[PR]
by Koharu-annex | 2012-09-07 22:25 | 古典芸能