もしかしてトホホ(http://blog.livedoor.jp/takurere1025/)の別館です。表現系に特化して更新します。


by koharu-annex

高橋さんのこと

バレエの記事のアップを急ぐと言った途端に、またフィギュアの話題ですが(笑)。

私は毎年6月から7月頭は比較的忙しくなっちゃうのですが、今年はサッカーのユーロがあったので、あっという間に過ぎ去ってしまいました。

なので、高橋さんのニュースのキャッチアップも少々遅れ気味ではあったんですけど、今考えても「あらま」という感じでしたね。ええ、モロゾフさんの件です。

私は高橋さんとモロゾフさんが決別した頃は、ちょうどフィギュアを全く見ない時期だったので、まったくそのあたりの事情を知らなかったのですよね。なので、6月下旬頃、こちらの田村明子さんのコラムを読んだ際は、モロゾフさんって人として大丈夫かいな?と思っちゃいましたよ、今更ながら。

もちろん、高橋さんが選択したことだし、彼の表現者としての偉大さに照らせば、チーム内に少々人格が破綻した人物がいようがどうってことない、といえばそうなんだけど。
それに最終的に、高橋さんがソチの舞台で最良の結果を得るために、モロゾフさんがほんの少しでも良いから役立ってくれれば、文句はないのだけどさ。

長光コーチも高橋さんも、気を許さずに慎重に、とか思っちゃう私は、猜疑心が強すぎるのでしょーか。

(それにしても、モロゾフさんって、つくづく、日本人にいないタイプだわね。
あのふてぶてしさと異常な行動力を持つ人物が政治の中枢にいたら、日本は確実に機能不全を脱していたと思う。悪い方向に動いている可能性もあるけど。笑)

高橋さんつながりでもう一つ。
こちらの英文記事。

曖昧表現のない英文でビシッと書かれると、「ソチが終わったら引退」が確定事項として迫って来て、ちょっと切ない。
引退して何をやるかはまだ分からない、プロのショーで滑るかもだけど、まだ分からない、なーんて書かれると、ちょっと寂しくなるなあ。。。
[PR]
by Koharu-annex | 2012-07-05 17:26 | フィギュアスケート男子