もしかしてトホホ(http://blog.livedoor.jp/takurere1025/)の別館です。表現系に特化して更新します。


by koharu-annex

四大陸 女子SP

●レジャン・マレー(22歳)南ア/サン・ブルー メドレー
面白い衣装ですね。これは・・・海の中のヒトデ?

●アレクサンドラ・ナハロ(18歳)カナダ/ジャズ組曲第2番第2ワルツbyショスタコーヴィチ、トリッチ・トラッチ・ポルカbyJ.シュトラウス2世
耳馴染みのある楽曲ですが、音楽に乗りきれないまま終わってしまったように感じます。後半は特にテンポが上がっていくので、体力的にもきつかったですかね・・・。

●浅田真央(21歳)日本/シェヘラザード/1位 64.25(34.11、30.14)
おお、こりゃまたデコラティブな衣装に変えましたね。スカートにしたのは、トリプルアクセル仕様という報道がありましたが、やはり微妙な空気抵抗の具合があるのでしょうか。
デザインとか装飾の具合について好き嫌いが分かれると思いますが、私は色はパンツスタイルの時の方が好きかな。
とはいえ、久々に見た真央ちゃんは、いつもふりまいていた量よりは少なめとはいえ、金粉が戻ってきたように思いました。

練習の時に決まっていた3Aが決まらなかったのは残念でした。
が、後半のステップ!てんこ盛りの振付ですが、個々の振付のつなぎ目を全く感じさせず、次々とムーブメントが滑らかにつながっていき、見ているこちらも息つく暇もないほどでの出来栄えでした。
最後のビールマンスピンもスピードが落ちなかったですし、そもそも全体のスピード感も増していたようにも思いました。

もう少し点数が伸びるかなと思いましたが・・・。2Aにした方が明らかに点数が高かったであろう現実は、今回もちょっと悔しいですね。

●アメリー・ラコステ(23歳)カナダ/サテンドールbyエリントン/7位 51.72
ちょっと緊張されてましたかね・・・。いつも動きが硬めではあるのですが、今回はいつもはある勢いがなかったように思いました。

●アシュリー・ワグナー(20歳)US/映画「ポロック2人だけのアトリエ」より/2位 64.07(34.64、29.43)
" the Almost Girl"(もうちょっとな少女) って呼ばれ続けてきたけど、今シーズンは違う、というTV放送での紹介(しかも、今年優勝した全米選手権の会見で" I'm not the Almost Girl any more."と発言する彼女も映してた!)が、最初見たときから妙に説得的ではありました。もう結果を知ってしまってるから書いちゃうけど、やっぱり、こういう時に感じる勢いというか、そういう類のものって、ありますよね。

身体のどこかに常に力みがあるように感じられるのは相変わらずなんですが、今回は、とにかく自信がみなぎっていました。やることが完全に頭と身体に入っていて、その通りに決めていけばよいと心底納得しており、疑念や不安が全くない感じ。実際、ビシリ、ビシリと決めていく姿は、まるで狙った獲物は逃がさない狩人のようでした。彼女の後ろに、ディアナ(狩猟の女神)が見えるようでしたよ!

●村上かなこ(17才)日本/ヴァイオリン・ミューズ/3位 63.45
あらら、不安そうな表情のかなこちゃんが戻ってきてしまいましたね。<冒頭
また、全体を通して、息が少し浅いのではないかと思ってしまうような、動きの雑さがありました。特に脚。あと、落ち着きない感じで、いつもより余計にぴょこんぴょこんと腰が微妙に上下動するところとか。

米国の方々からもスタンディングオベーションを受けているのは嬉しいですし、また、技術点だけでは1位なのでそれは結構なことだと思うのですが・・・うーん、私は、「表現」としては全日本の時の方が良かったと思ったかな。まあ、こういうのって、三歩進んで二歩下がる、ですからね。

●今井遥(18歳)日本/無言歌ニ長調作品109 byメンデルスゾーン/11位 45.19
あら・・・ベアトップ風の衣装だから余計に目立っちゃうのだと思うのだけど。
ほんとにほんの少しだけど・・・肉がついたか?首~肩(&上腕)~背中にかけて、以前とラインが少し変わってる。そのため、ムーブメントが少しもっさりと見える。今まではベストマッチに思えたこの楽曲に、ちと遅れてるように感じられるのは気のせいか?

以前、コメント下さった方が、「アメリカ女子のどすこい化反対」と書かれていたのですが、アメリカってこの恐ろしさがありますからね・・・もちろん今井さんはまだ成長段階でしょうが、その範疇にないものである場合は、どうぞお気をつけて!と申し上げたい。

●キャロライン・ジャン(18歳)US/夜明けの翼byジャニス/4位 58.74
いつも思うのだけど、ジャンさんのヘアスタイル。もう少し丁寧な仕上げをして差し上げて欲しいと思う。練習時のような、おざなりな感じでちょっと可哀そう。

最後のパールスピンから伸びあがってのビールマン、とっても綺麗で素敵でした。

●アグネス・ザワツキー(17才)US/ハーレム・ノクターンbyE.ヘーゲン、映画「ワットエバー・ローラー・ウォンツ」より/6位 52.87
おお、彼女はコロラドがホームリンクでしたか。
何度も同じこと書いて恐縮だけど、17歳の彼女に対し、こんなムーディーでセクシーな楽曲を選ぶ意味が分からない。無駄にエッチで品の無いイメージがつくだけだと思うのだが。「セクシー」って、かなりセンスが必要だよな~と改めて考える次第。

●シンシア・ファヌーフ(24歳)カナダ/スパニッシュ・ギターほか/8位 50.76
珍しく(といっては失礼か)、衣装とヘアスタイル、好きだな(笑)。
ただ、もともとがっしりした人ですが、この背中の空きは背中のたくましさをより強調してしまうかもしれませんね。さらに大きくなったのか、もともとだったのか、もはや判断がつかない・・・

緊張も手伝って、身体が重く感じられ、いつものキレがなかったのは残念でした。
[PR]
by koharu-annex | 2012-02-12 22:07 | 2011-2012 フィギュアスケート