もしかしてトホホ(http://blog.livedoor.jp/takurere1025/)の別館です。表現系に特化して更新します。


by koharu-annex

新国立「くるみ割り人形」

新国立劇場バレエ公演2011/2012シーズン 「くるみ割り人形」 全2幕
2011年12月17日(土)午後2時~ @新国立劇場オペラパレス

管弦楽: 東京フィルハーモニー交響楽団
指 揮:  大井剛史

出演:
金平糖の精: 小野絢子
王子: 山本隆之
雪の女王: 寺田亜沙子
クララ: 加藤朋子
ドロッセルマイヤー: 冨川祐樹

シュタルバウム: 貝川鐡夫
シュタルバウム夫人: 楠元郁子
フリッツ: 八幡顕光
ハレーキン: 江本拓
コロンビーヌ: 高橋有里
トロル: 福田圭吾
ねずみの王様: 小笠原一真
くるみ割り人形: 福田圭吾
スペイン: 湯川麻美子、マイレン・トレウバエフ
アラビア: 厚木三杏、貝川鐡夫
中国: 寺島まゆみ、江本拓
トレパック: 八幡顕光、福田圭吾、奥村康祐
葦の精: さいとう美帆、長田佳世、細田千晶
花のワルツ: 堀口純、丸尾孝子、川口藍、小村美沙、菅野英男、古川和則、和島拓也、原健太

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
くるみ割り…を年末に見ることを、バレエ鑑賞の主眼に置いている旦那と一緒に観賞。
旦那、新国立のくるみに特有の、冒頭の現代のシーン*が、相変わらずお気に召さない。
       
        *新国立は現代の少女クララが、ドロッセルマイヤーによって昔のヨーロッパの
         クリスマスの夜に連れて行かれる、という構成を取る。

私は、クララを両脇からリフトして夢の世界に連れていく、全身青いスーツ・青いシルクハット・青い顔タイツの2人の「青い黒子」が何気に気に入っているのだけど。

金平糖の小野絢子さんが可愛らしくてグッドです。海外バレエ団の主役などに比べて、実力は引けをとらないでしょうに、存在感に薄く、どこか押しが弱いところがあるんだけど、金平糖はこれくらい「淡い存在感」がちょうどよくも感じます。
旦那が大好きなダンサーなので、これからのますますの飛躍に期待したい。
[PR]
by koharu-annex | 2012-07-15 00:59 | バレエ(新国立劇場)