もしかしてトホホ(http://blog.livedoor.jp/takurere1025/)の別館です。表現系に特化して更新します。


by koharu-annex

全日本 女子フリー

●庄司理紗(15歳)/映画「レジェンド・オブ・フォール」より/FS104.97(53.69、51.28) 総合7位
衣装が素敵ですね。
おっとりとしたムーブメントが特徴と言ってしまえばそうなんですが、もう少し動きに機敏さとまでは言わないけれどキレが欲しいところがある。あと、腕の表情が少し乏しいというか拙いところがあるので、肘づかいを意識して欲しいなあ、と思う次第。

●佐藤未生(15歳)/ピアノ協奏曲第2番byラフマニノフ/FS109.72(59.16、50.56) 総合5位
ラフマのピアコンNo.2は良く使われる楽曲ですが、この入りから使うのは珍しくて新鮮でした。
全体にスピード感があり、スピンのポジションの変化もスムーズかつスピード感が落ちない。そういう長所があるからこそ、逆にムーブメントの残念な部分がクローズアップされるなあ。緊張のせいか、音楽を捉えた動きができていないことと、なんといっても腕のムーブメントがラジオ体操よろしく「はい、上」「はい、横」みたいな感じで、いかにもぎこちない。

●鈴木春奈(14歳)/バレエ「四季」より「秋」/FS103.19(51.75、51.44) 総合9位
柔軟性のあるスピンのポジションとかスムーズなポジション変化は気持ちが良いですね。
軽やかで流れるような動きだけでなく、機敏な動きもできるので、単調でなく音楽に乗った動きができていました。私はすごくポテンシャルを感じるなあ!
遠慮せずにもっと自信をもってアクセントをつけると(今でもやってることは分かるんだけど弱い)もっと緩急が出て、「見せる」ということができると思う。

●村元小月(21歳)/マダムバタフライ/FS93.74(44.14、49.60) 総合12位
「妹に力と勇気のマダムバタフライ」(by実況アナ)って意味不明なんだけど。このアナウンサーって、客観的には「僕はバカです」としか言ってない実況をすることが多いよなあ。。。すごくうっとーしー。
今年の夏から練習を再開されて復帰されたばかりということでしたが、今回は振付を頭で追いかけているのがよくわかる感じでした。考えている分だけスピード感に欠けるようにも思いましたし、後半は体力不足もありましたかね。
ただ、楽曲自体は、彼女の雰囲気にとても合っていたと思います。

●友滝佳子(16歳)/サムソンとデリラ/FS96.97(51.65、46.32) 総合11位
変わった衣装で、昨年のかなこちゃんのような二人の衣装を一つにまとめてみました系かなあと思ったら、サムソンとデリラでしたか。うーん、サムソンとデリラというには微妙だけど、まあ、いいや。

この楽曲って、フィギュアスケートでは良く使われますが、決して簡単な楽曲じゃないと思うのですよね。。。ちょっと荷が重いかなあ、と感じました。
途中、ステップのところで何かマイム類似の動作を入れようとして中途半端に終わってしまったようなところがあったのですが、なんかいろんなことでいっぱいいっぱいで手が回らない感じでした。

●高山睦美(20歳)/映画「アメリ」より/FS81.90(35.82、46.08) 総合18位
冒頭、辺りを見回して、立てた人差し指を「しっ」と口に当て、戸口からそっと中に入る(出る?)、お芝居動作から入ります。こういうの大好き(笑)。
白いレースのアンダースカートが付いているガーリーなピンクのフリフリ衣装に、長い付け爪。このあたりはかなり好みが分かれるでしょうし、彼女の年齢と体型に似合うかどうかという点で及第点をつけない方もいらっしゃるかとは思います。わたくしは、(ちょっと彼女の体型は違うけど)、昔(35年くらい前だな)流行った、磁石でくるくると回るバレリーナの人形がついたオルゴールを思い出して、なんかノスタルジックな印象がして嫌いじゃないです。

純粋に演技でいえば、ステップのスピードが明らかに落ちてて、そこは残念でした。また、ラストは時間が足りませんでしたね。音楽と遅れてしまい最後に用意されていたであろうお芝居動作が中途半端にしか見られなくて至極残念。

●鈴木明子(26歳)/こうもりbyJ.シュトラウス2世/FS119.67(56.87、62.80) 総合2位
やはりこの衣装、いいですね。
ジャンプのミスがここまで続いていしまったのは、ご本人も予想外だったでしょうか。
この「こうもり」、なかなか完成形までたどり着けませんねえ。。。

●村元哉中(18歳)/映画「ラストエンペラー」より/FS99.91(49.03、50.88) 総合10位
衣装が良いですね。スタイルがよく見える。黄色いアンダースカートがついたチャイナドレス風のデザインも個性的。

あと一歩、ということろはあるのだけど、懸命に音楽に合わせて動いているところはこれからの進歩を期待させるものがありました。スタイルも良いし、緩急をつけるセンスもあると思うので(やってることは分かるけど、今は弱い)、これからに期待。

●西野ゆうき(18歳)/ピアノ協奏曲第1番byチャイコ/FS97.93(44.65、53.28) 総合8位
衣装は長袖じゃなく袖なしの方がスッキリ見えると思うが。。。

ダイナミックな曲調に沿うスケール感のある大きな動作やスピード感は悪くないとは思うのですが。
いかんせん、動作が荒い。そして、粗い。腕や脚を動かすごとにブンッブンッと風を切る音が、身体を反転させたり胴を回転させるごとにザッとかギュンッという音が、観ているだけで聞こえそうです。

「優雅さ」とまでは言わねど、もう少し動作に丁寧さが欲しい。
SPのときよりガサツ度は減っているので課題には入っているのだと思う。けど、現状ではこの動作のガサツさは、点数としては減点されないのでしょうけど、表現としてはちょっと目立つ短所だと思う。

●浅田真央(21歳)/愛の夢/FS118.67(54.43、64.24) 総合1位
これまでの出場選手の中で見ると、ジャンプの失敗やスピンに若干スピードの減速が見られることなどを含めても、一定以上のレベルでまとまっている感じがするけれども。
本人比でいうと、やはり、影響は否めません。そして、ラストの表情が切な過ぎます。

真央ちゃんのお母様の記事のところでコメントを頂いているのですが、実はワタクシも・・・ここにきて、昨シーズンから持ち越しの衣装の、背中の空きの部分が気になっています。
昨シーズン最後のワールドの時ほどではないにしても、今シーズンはずっと背中から少し浮くようになっていて、昨シーズンの前半よりもいかに彼女が痩せたか、ということを示しています。
ウィダーのトレーナーさんもついているし、佐藤コーチも、晩春ころでしたかね、体重管理にも気をつけるというような趣旨も話されていたように記憶しているので、痩せながらも一定のところで安定して推移しているのだと思っていたのですが。(そうであれば、衣装替えを検討して欲しいものだわ。)

ただでさえやせ型の彼女ですから、今回のことで食欲が落ちたりすると心配です。
どんな時でも、ちゃんと食べて、ちゃんと寝るんだよ。真央ちゃん。

●今井遥(18歳)/ミュージカル「マイ・フェア・レディ」より/FS108.85(53.25、55.60) 総合4位
難しい楽曲にくらいついている今井さんが健気です。
しかしテンポが難しかったり、不協和音が多くてノリが難しかったり、リズムが難しかったり、ほんと大変な楽曲ばかりをチョイスした印象だな~
3-3ジャンプなどの技術的な要素の課題と並行して、この難しい楽曲を踊りこなすという課題もあり、村上さんと同様、チャレンジングなシーズンですね。

今シーズン、村上さんのSPと、今井さんのFSの楽曲については、本来的には彼女らの個性や性質とは合い難く、将来振り返って彼女らの選手期間におけるマスターピースと呼ばれるような作品には成り難いかもしれません。
が!
彼女らは、オリンピックを目指しながらシーズンを重ねているのでしょうから、いろいろ試してどのあたりの楽曲をオリンピックシーズンに持ってくるのか、という試金石の1つとなるだろうなとは思います。しかも、難しい苦手な楽曲ほど表現の幅を広げてくれる可能性が大きい。
このような意味で、これらの楽曲にトライし、完成に向けて注力するのには、十分な意味があると思います。

ただ、フィギュアスケート選手がバレエダンサーと決定的に異なるのは、バレエダンサーが1シーズンに多数の演目に挑戦できるのに対して、フィギュアスケート選手は、1シーズンに、EX含めても基本3つの演目にしかトライできない人が圧倒的多数ということろです。
それを思うとさ・・・今しかない煌きを最大限輝かせる演目を選択して欲しい、という気持ちも湧いてきちゃうのよね。

●村上かなこ(17才)/ヴァイオリン・コンチェルトbyメンデルスゾーン/FS107.13(48.21、59.92) 総合3位
よく動ける人ですよねえ。しかも動きが全部踊りにつながるところはこの人ならではです。脚をある程度止めて踊るのではなく、ちゃんと滑りながら全身で踊りますからね。そして全体にスピード感もあって爽快さもある。転倒はご愛嬌でしたが(苦笑)。しかし、実況、「珍プレー」って(苦笑)。
ただし、この楽曲の完成度を高めるためには、より一段の繊細さと優雅さが欲しいところ。

SP1位で迎えた最終滑走で完璧とはいきませんでしたが、悲しいのではなく悔しそうな表情をするのは、むしろ心強いところですね。


★FSだけでは3位だった宮原さんのFS演技が放送されなくて残念。
[PR]
by koharu-annex | 2012-01-06 21:11 | 2011-2012 フィギュアスケート