もしかしてトホホ(http://blog.livedoor.jp/takurere1025/)の別館です。表現系に特化して更新します。


by koharu-annex

GPF 女子ショート

●コストナーさん(24歳)/ピアノ三重奏曲第2番
何度も観ても、この個性的な楽曲と個性的な振付は、コストナーさんに似合っているな~と思います。
随分こなれてきて、完成度がどんどん高まっていますね。シーズン初めのアメリカ大会の時に顕著にみられたような無駄な力みもすっかり無くなりました。シーズンベストもむべなるかな。

●鈴木さん(26歳)/ハンガリアン・ラプソディ
鈴木さんは3年連続なのですね。これってもっと褒められてよいことだと思いますが、日本の場合、報道が一極集中する傾向が強過ぎるので、なんだか気の毒ですね。

それにしても長久保コーチの「いつも逃げてしまう子が逃げないで頑張ってくれてたので」という発言に、衝撃を受けました。あれだけの実績を誇るあっこ姉さんが「いつも逃げてた」って・・・コーチ、むっちゃ厳しい(笑)。恐ろしいわ~・・・一般人とは住む世界が全然違うわ~。

音楽性の高さ、身体コントロール力の高さ、いずれも魅せてくれるものがありましたが、ジャンプに失敗したことが影響したのかな~。ステップがノリノリの勢いじゃなかったのが、ちと残念なのでした。

●レオノワさん(21歳)/映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」ほか
いつもに比べても、ちょっとスピードや勢いがないような気がしました。丁寧にやってたみたいなので、その気持ちが強すぎたのですかね。

ひとことに「勢い」といっても、個々のマイムなどの勢いについては、普段ありすぎてちょっと下品に転びそうなくらいなので、この程度で良いと思うのです。が、スピードや演技全体としての勢いはもっと出た方が良いと思いました。

●シズニーさん(24歳)/バラ色の人生
エレガントな雰囲気はそのままでしたが、ちょっと調子悪そうでしたね。
直前の足の怪我が影響しているようですので、完治されることを祈念しております。
世界選手権で拝見できると良いなあ。

●タクタミちゃん(14歳)/タンゴ
おおう、食事に気をつけて38kgをキープしているって・・・。
そりゃ、身体表現者にとっては体重管理は大切なんでしょうけど、14歳ってまだまだ身体が成長する時期だから一定体重にキープするのってある程度のところに留めておかないと、むしろ身体に悪いんじゃあ・・・。まあ、ジャンプのためにはそうするしかないんですかね。弊害が出ないことを祈っておりますが。

SPをラストに滑るのは初めてですよね。冒頭、これまでのタクタミちゃんの動き(これが大器を感じさせるスムーズな美しさなのよ)を覚えているから余計だけど、目を見張るほど動きが硬くて悪い。もう身体の芯が固まっちゃってる感じ。滑り出しても全くそのまま。この固まり具合じゃ、良い演技ができないのは当然かな、と。タクタミちゃんも人の子だったのねえ。。。分かり易く緊張の症状でしょ、これは。

動きに伸びがなく縮こまっていました。ここまで精彩を欠く彼女を観るのはこれが初めてですが、むしろ、初めてってことが衝撃ですよ。これが普通でしょ、14歳ですもの。
[PR]
by koharu-annex | 2011-12-11 14:00 | 2011-2012 フィギュアスケート