もしかしてトホホ(http://blog.livedoor.jp/takurere1025/)の別館です。表現系に特化して更新します。


by koharu-annex

フランス杯 男子SP(地上波省略分)

皆様、私、分かったわ~
信ちゃんの報道記事の中に、「来春ニースで開かれる世界選手権に合わせて選んだ、フランス映画シェルブールの雨傘の音楽が流れる中・・・」(←うろ覚え)ってのがあったので。

だから今季はピアフの「バラ色の人生」が多いのね~。いやーん、皆様、私ようやく分かりました~。世界選手権の開催国にゆかりの音楽を選ぶことがあるってこと、まるっきり想像外だったから、私、これまで何度も「今季はやたらバラ色の人生が多いな~」って書いちゃったわのよさ。は~。なるほどね~。

で。 そういうの点数になんか影響あるの?

●ケビン・レイノルズ(21歳)カナダ/パロヴ・ステラー 「チャンバーメイド・スイング」
中国杯よりかは良かったと思いますし、シーズンベストを出しているんですが採点にとっても不満そうな表情をしてらっしゃいましたよね。

うーん、私、レイノルズさんの踊り心が感じられる軽妙な動きとか、音楽性が良いところが好きなので、もう少し舞踊的な表現や音楽表現を追求する方向へ転換して欲しいなあと思ったりします。もちろん彼がジャンプ(特に四回転)にこだわりがあることは見てるだけで明らかなので、ジャンプで思った点数が出ない時期に全く異なる方向に目を向けることは難しいってのは分かっているんですが。

ただ、ムーブメントがいつも荒いのは、ちょっと損なのでは・・・。細部までとは言わないので、振付を丁寧にこなすだけでも、PCSが多少良くなったりしないかしら・・・(違う?)

●アレクサンドル・マヨロフ(20歳)スウェーデン/オースティンパワーズ
カナダ杯のときの感想がそのまま当てはまるので転記。
わー、面白いプリント!と思ったら、オースティンパワーズか。
この曲は難しいですよ。本当に難しい。
厳しいことをそのまま言わせてもらうけど、一刻も早く違う曲に変えた方がいいと思う。
●フローラン・アモディオ(21歳)フランス/サマータイム、ジャンピング・ジャックほか
衣装が、前半のサマータイムより後半のジャンピング・ジャックに合わせたものだと思うのですけど、アモディオ君のこの演目については、私は夏にあったTHE ICEのときの衣装が忘れ難い。
パーティーの後、蝶ネクタイをほどいてひと息ついてるような衣装だったのですが、白いシャツに黒いネクタイだったので、ムロズさんのような「銭湯でひとっぷろ浴びて帰ってきたオヤジ」(こちら参照)にならず、とても似合っていました。

彼自身に、「今はまだ爽やかさを感じさせる青りんごな色気だけど、後にぐーんと濃くなるであろう色気」があるので、蝶ネクタイを外したくだけ具合が妙に様になる。有無を言わせず「もてるだろうな~」と思わせる(笑)。ついでにいうと、女だけでなく男にも好かれるだろうなあ~と思わせる愛嬌も兼ね備えてますよね。
あのTHE ICEって夏じゃないですか。暑くてけだるい夏(しかも節電だったし)だと、サマータイムって体の芯に沁み入るんだよねぇ。もう一度あの快感を味わいたいけど、それはもう果たせない夢ですわね。

ジャンプにミスがあったアメリカ大会と比べて出来が良かったと思います。ただ、アメリカ大会のときはステップ後半からいかにも体力不足と思われたし、今回も最後のスピンができなかったことはその現れといえるのかもしれない(私は、佐野のおっちゃんが言うスピンが疲れるとか静的筋肉云々については良く分かりませんが)。

そういう意味で気になったのは・・・おそらく体力保持のためなんでしょうが、ステップ以外のところでは、踊りも音楽表現も控え気味だしスピードもあまり出さないんですよね。そのため、全体のバランスが少々悪いか・・・と思ったり。
ということで、やはり体力アップが課題ですかね、といういつもの話で終わるのでした。

●アダム・リッポン(21歳)US/Korobushka by Bond
両手を挙げるリッポン・ルッツ健在ですね。同じようなジャンプをする方は性別を超えて複数いらっしゃるけど、私はリッポン君の両手の挙げ方が一番好きだな。

カナダ杯の時も書きましたが、コサックダンス風の衣装と振付とはいえ、泥臭さ(どの地域のフォークロアにも存在するけどコサック系は割合が大きいと思う)を拭い去り、リッポン君らしく上品に仕上がっています。終盤、楽曲のテンポが上がるところでは、ぎりぎり追いつけるかどうかという程度でしたが、私は正直「そこまで上げんでも」と思いました。

コメント下さった方から正しい呼称を教えて頂いたのでどうでもいいのだけど、何度聞いても佐野のおっちゃんのは、ウォーレイではなく「ウォーレン」に聞こえる・・・。

●ソウ・ナン(21歳)中国/映画「レクイエム・フォー・ア・ドリーム」より 
中国杯はまぐれじゃありませんでしたわね~。その時の彼の演技の感想としては… 
衣装は謎過ぎますが、よく身体は動いてたのではないでしょうか。音楽に合わせようという意識はあると思うのですが、振付を追っかけてる印象の方が強い。まだこれからですかね。

あと、振付そのものがもう少し洗練されてくるとよいかも。本人のポテンシャルの高さを考えると、ちょっと損してるかな、と。
前半部分については、中国杯と比べると振付を追っかけている印象は、確かに殆どなくなってたと思う。
だけど、なんというんでしょう、硬い。硬いよね。FSではムーブメントを柔らかくしようとする意識が見られたので、このSPは強い曲調を表すために敢えて力強さで押しているんだと思うんだけど。それでも、硬過ぎるように思います。もともと柔軟性があるタイプでない上、スウィング感、リズム感を感じさせるような踊り心は見受けられない。そういうタイプがこれやっちゃうと、「一生懸命動いてます!評価よろしく!」という熱意は伝わってきても、客観的には「無駄に力いっぱいやってるラジオ体操」にしか見えない。

これは振付やコーチの問題もあるんでしょうね。
でも、あの野暮ったく仏頂面かつ無駄に厳しい表情のコーチを見ると、舞踊面は期待できない気がする…。
[PR]
by Koharu-annex | 2011-11-22 10:02 | 2011-2012 フィギュアスケート