もしかしてトホホ(http://blog.livedoor.jp/takurere1025/)の別館です。表現系に特化して更新します。


by koharu-annex

シルヴィ・ギエム・オン・スーテジ2011 Bプロ

シルヴィ・ギエム・オン・スーテジ2011 Bプロ
2011年10月30日午後3時~ @東京文化会館

●「春の祭典」
音楽: ストラヴィンスキー
振付: ベジャール
出演
生贄: 長瀬直義、吉岡美佳
2人のリーダー: 柄本弾、森川茉央
2人の若い男: 氷室友、小笠原亮
4人の若い娘: 高村順子、西村真由美、佐伯知香、吉川留衣

ベジャールの作品には比較的性的な要素が入ることが多いですが、これくらい「性」をど真ん中で躊躇無く描いている作品も珍しいですよね。
作品の構想自体がプリミティブなものであるために、振付自体にすごく底力があって吸引力があるので、(私の苦手な)ストラヴィンスキーの音楽が鳴り響かず、非常によいバランスで見ることができます。

●「リアレイ」
音楽: デヴィッド・モロー
振付: ウィリアム・フォーサイス
出演: シルヴィ・ギエム、マッシモ・ムッル

照明がことのほか暗くなることがあって、最近、疲れ目の激しい私の目では見づらい。正直いうと、暗くなると途端に眠くなり。はい、何度か一瞬寝ました。

さて、こういう飛びぬけて高い身体能力を要求する現代作品を見るとよく分かるのですが、ギエムさんは完全体ですね。
こう動きたいという脳の思考が完璧な神経経路を伝わって、これまた完璧な身体によって、完璧に造形される感じです。うっすらとした小さな障壁すらそこには感じられません。つまり、柔軟性、筋力、それらをつかさどる全てのものが、理想の状態で安定して強さを堅持している感じです。もしかすると、その完全性にある種の無機質を感じる人もいるかもしれないとも思うほどです。それに比べると、ムッルさんは若干人間っぽい(笑)。

ギエムさんとムッルさんは、身体のルックスと造形の相性がとても良いです。両者とも自らの性別ど真ん中というより、中性的に傾いたタイプである点でも共通するから、雰囲気がごく自然になじむのも良いのかもしれません。彼女が折にふれてムッルさんをパートナーに選ぶ気持ちが分かる気がします。

●「パーフェクト・コンセプション」
音楽: ヨハン・セバスチャン・バッハ(ゴールドベルグ変奏曲)、ジョン・ケージ、レスリー・スタック
振付: イリ・キリアン
出演: 田中結子、川島麻実子、松下裕次、宮本祐宜

舞台の上手前に大きな枯れ木が逆さに吊り下げられ、舞台奥には太い梯子を横にしたような装置(下手側の先に大きな照明がぶら下がっていて回転するようになっている)が設置され、いきなりカラスの鳴き声で始まる舞台。不気味です。そして、落ち着かない心情にさせる、どっくん、どっくんと、妙な雑音とともに低く鳴り響く音(後でパンフレットで確認したところ、胎内音だそうです)。不気味過ぎます。この世界観は、いろんな意味ですごいなあ。

そんな中、ちょっとオトボケなのが、「座布団」の真ん中に穴を開けたような四角くふっくらしたチュチュ(と言い切るのには躊躇があるなあ。笑。こちら参照)。
キリアンが東京バレエ団のために振付けた作品であることに照らし、料亭かどこかで見た座布団に興味を引かれ、そこから派生させたものじゃないだろうか、と妙に確信をもって考えてしまうワタクシであります。だって、小さい頃、子供同士で座布団で遊んだことが結構あるんだけど、その時やってたような動作が随所に出てくるんだもの~。

そういう意味で、ダンサーがこなしている振付には妙に笑える部分もあったりするのですが、世界観に不気味な不可思議さがあるためか、普段は目に見えていない世界の深淵を見た気分に陥ります。

●「アジュー」 (さようなら)
音楽: ベートーベン ピアノソナタ第32番ハ短調作品111アリエッタ(第2楽章)
振付: マッツ・エック
出演: シルヴィ・ギエム

とても心に残る作品でした。
ベートーベンのアリエッタの真髄と、見事にシンクロ。というか、逆か(=曲が先か)。
語弊を恐れずに言うと、アリエッタのコアの部分が象徴する「何か」を、マッツ・エックは鋭くピンポイントで把握している。そして、ピンポイントで把握した「何か」を、これ以上ない的確さをもって作品に具現化している。そんでもって、ギエムは、この作品をこれ以上ない正確さ(動作と情感の両方)でもって、パーフェクトに表現しきっている。

マッツ・エックのピンポイントで把握した「何か」を、ギエム自身も正しく把握していることは明らかで、これは振付家とダンサーが一対一で作り上げたものだからこそ成し得る快挙であり、本当にこの時に生きてて良かったと思いました。

序盤の段階で、こんな感じでノックアウトされていたのですが、終盤では思いもかけない方向からパンチが。
1人の女性が自分の殻の中から抜け出て、生きていくために現実の世界に戻っていく。そこは決して温かい場所ではないのだけれど。ああ、こう来たか、と思いつつも、落涙。

久しぶりですわ、この感じ。もう15年ほど前なんだけど、「幻の小さい犬」(フィリパ・ピアス著)っていう児童書を読んだとき、ラストのシーンで思いがけずボロボロ涙が出てきた時の感情に、すごく似てる。

「幻の小さい犬」は、父が最初に読んで、「お父さん涙出てきちゃってね、はっはっは、小説みたいなので泣いたのって何十年ぶりだから、『久しぶりやな~この感じ』って思った~」って感慨深そうにのたまうもんだから、つい手を伸ばしちゃったのよね。
父は孫への読み聞かせの予習のために読んだみたいだけど、結局、読み聞かせはしなかったみたいです。読み聞かせには全く向いていないというか、むしろ大人向けの本という印象ですわね。

まぼろしの小さい犬

フィリパ ピアス / 岩波書店


[PR]
by koharu-annex | 2011-11-04 23:11 | バレエ(座長公演)