もしかしてトホホ(http://blog.livedoor.jp/takurere1025/)の別館です。表現系に特化して更新します。


by koharu-annex

ジャパン・オープン & カーニバル・オン・アイス その2

●ガチンスキーさん/インタビュー・ウィズ・バンパイヤ
楽曲の雰囲気が彼の個性に合っていると思いました。
本質的に不機嫌さを持っている印象が強いので(実像の彼と合致するかどうかはさておき)、振付の中で優しい仕草をされても、敢えて嘘をやっているように見えます。素敵すぎ(笑)。

●あっこ姉さん
COIは、リストのハンガリー・ラプソディ。
ここ2年のイメージとはかぶらない選曲でgoodなのではないでしょうか。新境地を開いて欲しいです。

JOは、こうもり序曲
冒頭、衣装を見て「こうもりらしくないなあ」と残念に思った後、アナウンサーの言葉を聞いて、私、驚愕。曰く、あっこ姉さん、昨シーズンまでとは異なり、ストーリー性のない音楽を表現できるように「こうもり」を選んだそうで。
それで「こうもり」ってあり得なくないですか?オペレッタなんですけど?序曲には中で出てくる主題の多くが盛り込まれてたりするから、序曲だからストーリー性ないってのも無理があると思うんだけどなあ。。。

また、パフォーマンスとしても音楽を表現できているかは疑問。ステップの一部はその感じがわからなくもなかったけど・・・。これからの滑り込みで良い方向に向かうことを祈念しております。

●高橋君
COIは、The Crisis、おまけはマンボメドレー。
音と一体化して情感を音に乗せることが、彼は本当に上手ですね。
この楽曲の中で執拗に繰り返される装飾音符、音楽だけ聞くと耳触りに感じそうなほどなんですけど、彼の表現とミクスチャされると、あら不思議、装飾音符がないと物足りない感じ。得難い人です。

表現の手段的なことをいうと、彼はどういうときでも(単純な「腕を上に上げる」という振付のときでも)、必ず「胴から動く」のね。これが全身のムーブメントを一体化させていて、誰の目から見ても明らかな踊りの「うまさ」につながっていると思う。

JOは、Blues For Klook。
本人が求める完成度からはまだまだでしょうが、彼の身体の中に、既に音楽がちゃんと入っていると感じました。ご本人は結構冒険みたいなことをおっしゃっていたようですが、私は、高橋さんにこの楽曲は合っていると思いました。しかも、この楽曲の音の間隙みたいなものは、高橋さんでないと「もたない」と思います。

後半、疲れが出たのは、ジャンプなど技術的なミスが響いたのでしょうかね。
昨シーズンも身体を原因とする技術面の不安定さの克服に苦労があったように記憶していますが、今年もボルトを抜いたりして新たな克服課題が出てきたと聞いています。今年もか~と気の毒ですが、頑張ってほしいです。

●小塚君
COIは、チェロソング。
言いたいことは一つだけ、「風になれ」ってことかな(今もその片鱗はありますが)。

JOは、風の谷のナウシカより。
ご本人が自ら選んだ曲だからかもしれませんが・・・なんだか緊張していましたよね(笑)。私はこの映画を何度も見ているので(しかも記憶力の良い10代のときに)、それぞれの音楽を聞くたび映画のシーンがいくつも浮かんで楽しかったですが。
まだ振付を頭で追いかけているのが見てて分かるほどなので、まさに発展途上なのでしょうね。

ところで、この演目、両腕を同時に頭上に上げる振付が多いので(小塚さんにはこの振付多いよねえ)、この振りの時の腕の動かし方を、高橋さんかバトルさんから学ぶといいのでは?
高橋君は、上で書いたように胴から動かします。バトルさんは、胴の中でも特に胸部から動かします(彼はぐーんと胸が開いているタイプなので)。小塚君も腕を肩からだけ動かすのではなく、その根っこがある胴とか胸から動かすと、彼の欠点である「時にマシーンのように無機質に見える」ことが少なくなるし、何より「うまさ」の印象が違ってくると思うのだけど。

●ロシェットさん/火の鳥
中間部の音楽(木管が主体になっているところ)の選択が珍しいと思いました。
演技自体は細部が荒く完成度が高いとはいえないけれど、色彩豊かな音楽の中で彼女の強い個性と存在感が感じられました。

●チャンさん
COIは、ムーンダンス。
身体が強く大きくなっている印象を受けました。昨シーズンの自信からか、肩の力が抜けてて、さらにそこがこなれた感につながっていました。

JOは、アランフェス協奏曲。
こりゃまたメジャー曲ですね。
しかし、振り付けと音楽との親和性が高いとは感じられず、そういうい意味で、こんなメジャー曲を敢えて選択する必然性が感じられませんでした。ただ、私は相変わらずスケーティング技術に関してはど素人以前なので、やっぱり下半身特化型とすれば、その部分で音楽の親和性が高いのかもしれず、そうなると私はお手上げ。

今年、ルール改正で音楽との調和がより重要になったとのことですが(by「フィギュアスケート2011‐2012シーズンオフィシャルガイドブック」朝日新聞出版社p74)、この点について全身のムーブメントではなく下半身のスケーティングとの「調和」に高得点を出されてしまうと、今年もジャッジングが理解できない状況に陥りそうです。

●安藤さん
COIは、ブラックスワン。
ふっきれてない印象です。もちろん後で見たJOよりかは良いかもしれませんが、それはあくまでJOと比較して初めて出てくる話ですわね。これ単発で見るとうーんな出来です。
もちろん、ベテランらしく、自分の身体にキレがない中でも、動きに恰好がつくポイントといえばいいですかね、そういう箇所はきちんと押さえてて、全体をまとめて作品として仕上げていたのは立派だと思います。

JOは、パッション(川井郁子)。
気持ちも不安定、音楽も身体に入っていなくて、解説者の「練習不足」の指摘もむべなるかな。もちろん急遽用意したプログラムである等、彼女の諸事情は私レベルでも把握していますが、とりあえずパフォーマンスの評価は客観的にってことで。

昨シーズンとは別人で、以前の「気持ちがそのまま出る」というか、演技にむらっ気のある安藤さんに戻ったかのようです。まあ、昨シーズンがあまりにも別格に素晴らしかったので、私の安藤さんの演技の平均値というか期待値が上がってしまったことも原因だと思いますが。

分かりやすく悩む人なのですね。悩みがあると、身体もふっくら、気持ちもふらふら。これはパフォーマーとしては失格の部類に入り、プロのショースケーターの魅力を語る彼女に若干の不安を覚えなくもないですが、人としては理解しやすく極めてラバブルな方だと思います。

●アリョーナ・レオノワ/弦楽のためのアダージョ
こりゃまた雰囲気を随分変えてきましたね。私は大好きな楽曲ですが、新たにコーチに就任したモロゾフさんの仕業かな。レオノワさんのこれまでのイメージを一気に払しょくするナイスなチョイス。

この演目が彼女の本質とドンピシャかどうかは、現時点では分かりません。が、少なくとも昨シーズンの楽曲・演目の選択については、彼女の本質とズレがあるような違和感を感じていたので、嬉しい方向転換でした。

ただ、パフォーマンスについては、最初から飛ばし過ぎな印象です。あれじゃ体力が持たない。弦楽のためのアダージョはクライマックスに向かって徐々に盛り上がっていくことも特徴の1つなので、最初は抑えめでいんじゃないですかね。
[PR]
by koharu-annex | 2011-10-20 14:06 | 2011-2012 フィギュアスケート