もしかしてトホホ(http://blog.livedoor.jp/takurere1025/)の別館です。表現系に特化して更新します。


by koharu-annex

オーストラリア・バレエ団「くるみ割り人形」-クララの物語-

2010年10月17日(日)午後3時~ @東京文化会館
オーストラリア・バレエ団 「くるみ割り人形」-クララの物語- 全2幕

振付: グレアム・マーフィー
共同製作: ジャネット・ヴァーノン
構成: グレアム・マーフィー、クリスティアン・フレドリクソン
音楽: チャイコフスキー
装置・衣装: クリスティアン・フレドリクソン
照明: ジョン・ドゥルモンド・モンゴメリー
映像コラージュ: フィリップ・シャールエット

【出演】
年老いたクララ: マリリン・ジョーンズ
クララ、バレリーナ: リシンダ・ダン
子供時代のクララ: 柴平くるみ

第一幕
ロシア人たち: オードリー・ニコルズ、キャスリーン・ゲルダード、シェーン・キャロル、コリン・ピーズリー、ロバート・オルプ、フランク・レオ、アンドリス・トッペ
医師/恋人ノ将校: ロバート・カラン

第二幕
バレエ教師: コリン・ピーズリー
バレエ学校校長: アンドリス・トッペ
将校: アンドリュー・キリアン、ティ・キング=ウォール
クララの友人: アンバー・スコット、ラナ・ジョーンズ
ニコライ皇帝、アレクサンドラ皇后: ベン・デイヴィス、ローラ・トン
大公姫たち: ジュリエット・バーネット、エイミー・ハリス、キスメット・ボーン、ジーナ・ブレッシャニーニ
皇帝ノ護衛隊: ブレット・サイモン、アンドリュー・ライト、ジャリド・マッデン、ギャリー・ストックス
"クルミ割り人形"-王子、クララ: ルディ・ホークス、ルシンダ・ダン
スペイン: ジーナ・ブレッシャニーニ、ジュリエット・バーネット、久保田美和子、マシュー・ドネリー、ダニエル・ゴーディエロ
エジプト: ジャリド・マッデン、ジョン=ポール・イダジャク、ミッチェル・レイナー、ジェイコブ・ソーファー、アンドリュー・ライト、ノア・ガンバート、ジャ・イン・ドゥ
オーストラリアの水兵たち: ツ・チャオ・チョウ、ケヴィン・ジャクソン、チェンウ・グオ、ジャ・イン・ドゥ、ジェイコブ・ソーファー、マシュー・ドネリー

指揮: ニコレット・フレイヨン
演奏: 東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団
合唱: 江東少年少女合唱団
協力: 東京バレエ学校

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

グレアム・マーフィーの白鳥の湖(こちら)の制作は、2002年。
このくるみ割り人形の制作は、その10年前の1992年です。

この10年というのは、マーフィーさんにとって、すごく大きな10年だったんだな~ということが良く分かります。
特に群舞。
くるみ割り・・・の群舞は、どの場面においても、大人数の上に無理な振り付けてんこ盛りなせいで、舞台上でドタドタと大群が不器用に動き回り、あげく振り付けをこなしきれず、洗練さに欠けることこの上なし。
これは白鳥・・・ではあまり見受けられなかったと思います。

まあ、何の分野でも、洗練された域に達するための「マイナスの美学」を習得する前には、ごてごてと飾り立てる時期が必要なわけで。
しかも、この「ごてごて」を行うためには、才能が必要なわけで。

そういう意味では、マーフィーさんの才能とその開花の過程がよく分かる2つの演目でした。
[PR]
by koharu-annex | 2011-01-02 19:53 | バレエ(オーストラリア)