もしかしてトホホ(http://blog.livedoor.jp/takurere1025/)の別館です。表現系に特化して更新します。


by koharu-annex

閑話休題・・・というか真央ちゃんについて

皆様、こんにちは。
コメントのご返信が遅れてて申し訳ありません。

私は、コメントを下さった日時の順にお返事をする、ということを基本としております。
が。
鍵コメで下さっているかたも多いので皆様には流れが分かりづらいと思うのですが、フランス杯の真央ちゃんに対する演技について、私の意見をもう少し出して欲しいというご要請を複数頂いております。
言われてみればコメント欄がいつもより微妙にナーバスっちゃあナーバスなので、今回は、ちょっとその点について書いておこうかなと。

まず、前提として確認しておきたいのは(いつものことだけど)、私にはスケーティング技術は分かりません。
ぼちぼち勉強してますし、こないだはコメントくださった方から小塚さんが「チェンジエッジ」とかいう技術を体現されているNHKの番組を教えて頂き、拝見いたしました。が、分からな過ぎて、卒倒するかと思いました。そういうレベルです、ワタクシ。

私の意見は、あくまで舞踊面に特化して書いてる亜流の意見です。
これは、特にチャンさんの一連の記事にコメント下さったご意見を拝読して再認識したのですが、私の「亜流」さは、私や多くの読者の皆様が想像しているよりもずっと「亜流」です。なので、私の意見をどこかで引用なさったり参考意見とされる場合はお気をつけあそばせ、ってことになります。

次に確認しておきたいことは、人の意見には、「事実認定」とその事実に対する「評価」の2種類があるということです。
「事実認定」というのは、例えば、「柔軟性が高い」、「後半にスピードが落ちた」というもの。
「評価」というのは、例えば、「(柔軟性が高いことに対し)見ていて気持ちが良い」、「(後半スピードが落ちたことに対し)体力の欠如やジャンプの不調が原因だろう」というものです。

私は、「事実認定」の記載において、冷徹で、容赦ないです。表現として現れた現象のみを事実として認定するからです。これはスケートに限らず、バレエのレビューについてもそうです。
なので、この部分だけ取り出せば、多くのスケーターに対して厳しいことを書いているはずです。
反面、事実認定がマイナスでも、それに対する「評価」については、例えば高橋さんの場合は「彼のことだから何とかするでしょ」という、マイナスとはいえない場合も多かったと思います。

このように、「事実認定」と「評価」というのは別物ですので、それを念頭において頂くとありがたいです。

・・・という前提のもと、真央ちゃんについて書きたいと思いますが、今、時間が無いので、取り急ぎここまででアップしておきます。
時間をみつけて、続きを書きますね。

ほな!

いきなり追記です。
アンチ浅田さん且つヨナさんファン(←皆様、この部分に過剰に反応しないで下さいね~、よろしく!)と思われる方から、えらく下品かつ誹謗中傷を内容とするコメントを頂きました。その方にここでご返信をば。

鍵コメであっても、褒められたことではありませんよ。

私の友達のことも書かれていましたから随分前から読んでくださっているのだと思いますが、内容は、私への誹謗中傷と受け取りました。私は、友達のリクエストに応えて自分の意見を表明したことはありますが、表明した意見自体は私の考えていることそのもので、言わされたものではありませんよ。しかも、私の意見に対し皆様から様々なご意見を頂き、議論が深まることについては、むしろ私は歓迎しているところです。反対意見があることも当然のことと考えています。

ですから、私はこれまで書いた自分の記事での意見について、修正はあったとしても根本を曲げるつもりは一切ありませんし、特定のファンの方達に困っているという事実もありません。したがって、あなたが示唆するように、特定のファンの方々を一掃するなどという乱暴な考え方には到底与することができません。

私が本館およびこの別館ブログを始めて以来、対応に困惑を覚えたのは、あなたからのコメントが初めてです。頂いた2つの鍵コメのように下品な言葉で人を罵り揶揄するコメントは、例え読者の皆様の目に触れなくても、私のブログ上に存在させるわけにはいきません。

したがって、大変申し訳ありませんが、頂いた2つの鍵コメは削除させて頂きました(内容や投稿情報については別途保存してあります)。もし、削除が気に入らないようでしたら、今度は鍵コメでなく正々堂々とオープンにして書いて下さい。

[PR]
by koharu-annex | 2010-12-09 11:37 | フィギュアスケート女子