もしかしてトホホ(http://blog.livedoor.jp/takurere1025/)の別館です。表現系に特化して更新します。


by koharu-annex

Kバレエ「海賊」

また、だいぶ昔のことになってしまいましたが・・・久しぶりにKバレエを観て来ました。

Kバレエカンパニー「海賊」
2010年2月28日(日)午後2時~@オーチャードホール

【振付】
原振付:プティパ、再振付:熊川哲也

【演奏】
指揮:福田一雄、オケ:シアターオーケストラトーキョー

【出演】
メドーラ:浅川紫織
コンラッド:スチュアート・キャシャディ
アリ:熊川哲也
グルナーラ:松岡梨絵
ランケデム:伊坂文月
ビルバント:ビャンバ・バットボルト
サイード・パシャ:ルーク・ヘイドン
ギリシャの少女達:神戸里奈/副智美/浅野真由香/日向智子/井上とも美
            中村春奈/松岡恵美/中谷友香
海賊の男達:西野隼人 ニコライ・ヴィユウジャーニン
        浅田良和/荒井英之/内村和真/合屋辰美/長島裕輔/奥山真之介
(第1幕)物乞い:湊まり恵 
           荒井英之
(第2幕)パ・ド・トロワ:第1ヴァリエーション 東野泰子
              第2ヴァリエーション 樋口ゆり
              第3ヴァリエーション 白石あゆ美
      鉄砲の踊り:中島郁美
              並河会里/岩淵もも/西野隼人/ニコライ・ヴィユウジャーニン


Kバレエなので、旦那は観ないだろうと踏んで1人分だけチケット入手したら、「海賊は行きたいって言ったはずなのに!」とクレームが。
うーん、そんなこと言われたっけ?思い出せん。

でも、実は私の日程調整がついたときにはチケットは完売していて、私のチケットもオケピでようやく1枚入手したものだったの。だから、覚えてても、あーたの分は無理だったわ~ごめんね~
(本当は、私、熊川さん以外の方がアリを踊る舞台も観たかったんですけど、とうとう日程調整がつかず。残念。)

さて、この日は銀座で用事があったので、銀座から地下鉄銀座線に乗ったのですが。

あらんことか、ワタクシ、劇場を間違えまして上野に向かってしまいました。そう、東京文化会館に。
で、早めについたので劇場のショップで買い物なんかして。。。そうこうしているうちに2時前になるのに、まだ入り口の準備がなされない。「?」と思い近づくと、なんとその日3時から行われる白鳥の湖のポスターが!(しかも違うバレエ団。当たり前だけど)

げっ!と思ってチケット確認。きゃー!オーチャード!!!渋谷ぁぁぁぁぁ!!ま逆方向ぉぉぉ!

山の手(東京文化会館からは一番近い)に飛び乗って一路渋谷へ。時間を計算して・・・奴隷市場あたりからは観れるでしょう、多分・・・なんて思いながらオーチャードへダッシュ。

ぜーぜー言いながら到着。係りの方が、「次の場の時にそっと中に案内しますので、その時まで映像をご覧下さい。」と画面の前に連れて行って下さる。

お、やっぱりちょうど奴隷市場。当たり~!・・・なんて言ってる場合じゃない。いや~ん、なんなの、この画質の悪さは~(泣) ハレーションで全然動きも舞台美術も見えないようーーーーっ

その後、無事に係りの方(本当にご迷惑をおかけしてすみませんでした・・・)に中に案内してもらったワタクシ、安心したのか、まさかの爆睡。

なので、ところどころ抜けているんですが、とりあえず覚えている限りで備忘録を。

2幕の舞台美術が派手です。なんか「洞窟」という言葉から浮かぶイメージとはかけ離れているけど、それはそれでOKです。

オケ(というより指揮者?)が微妙に混乱するときがありました。海賊(2幕は特に)は、ダンサーによって音楽のピッチやタイミングを変えなくてはならない箇所が多いので大変だと思うんですけど、明らかに間違えたところがありましたね。残念。

男性ダンサーの諸君、君らは素晴らしい!! Kバレエの将来が楽しみになってきました。次は熊さん以外の舞台も、必ず観に行きますわ。

熊川さんは、いつも登場したときや、踊りはじめのときに、「はい、く・ま・か・わ、でっす!」オーラを
出すんですよ。主役なので当然なんですが、彼の「く・ま・か・わ!」は、とりわけ強烈。ところが、今回は奴隷のアリ役なので、「く・ま・か・わ!」オーラをしっかり抑えて、キャシャディ演じるコンラッドを立ててきっちり従っている。こんな抑えた演技もできるんですね~。まぁ、裸の背中から(奴隷なので裸なのです)、いつもの「く・ま・か・わ!」オーラを必死で隠している様子というか、むしろ出したくてたまらなくてウズウズしている様子が伺えたような気がしないでもないけど、気にしませんよー。

浅川さんは、32回転の最初の方でダブルを連続で入れてきて、客席ちょっとどよめき。その後、一瞬お休みいれて、何事もなかったかのようにもう一度回り始めて、最後の方にもダブルを入れたので、さかんに拍手が。あの一瞬のお休みは脚落ちだと思うんですけど、あまりにナチュラルかつスムーズに次の回転を始めたので、新手の振付かと思ったほどでしたよ。ある意味、すごいです。
[PR]
by koharu-annex | 2010-04-24 18:10 | バレエ(Kバレエ)